水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「物件を買う前にやるべきこと」

です。


物件を買う前にやっておくべきことが

実はあったりします。


それは何なのか?


昨日、何年か振りに蜂に刺されて、

患部が腫れ上がり、

病院に行ってきました。


蜂に刺されたなんて、

小さいことだな…と思われるかもしれませんが、

もしスズメバチに刺されたなら、

アナフィラシキーという症状が起き、

ケースによっては死に至ることも

ありえるようなのです。


まあ、なんで蜂に刺されたのか?というと、

昨日は仕事が休みだったので、

私のいつもの休日の日課の

ゴルフに行って、そのあとは、

芦ノ湖の旅館に泊まりました。


そこの旅館で受付を済ませて、

部屋に案内された時に、

足に激痛が走ったのです。


それでよく周辺を見ると、

蜂が床にいたんですね。


それから、その旅館の方は、

接客が自慢の旅館だったのですが、

まず、蜂をすぐに退治してくれて、

そのあとすぐに医者に連れて行ってもらいました。


私はよく蜂の形を見てなかったのですので、

どんな蜂に刺されたのか不明な感じでした。


そして、スズメバチに刺されると、

最悪の場合、アナフィラシキーになって、

死んでしまうかも…

という話を旅館の方から聞かされて、

色々なことを考えてしまいした。


というのも、普段、自分の死というものに、

あまり向き合ったりしません。


それが、唐突に自分が死ぬかもしれない…

ということを考えさせられた訳で、

これは貴重な体験でした。


まあ、でも私の場合は、

自分の人生は楽しかったですし、

人並み以上に色々なことが出来たので、

まあ、本当に今死んでも

とんでもなく悔いが残るか?と言われると、

そうでもないのかもしれません。


もちろん、色々とまだまだやりたいことはありますが、

もし仮に今、死んでしまったとしたら、

自分の人生は楽しかった…と

言える人生だと、そう思いました。


まあ、実際はその後すぐに医者に行って、

すぐに診察を受けたところ、

スズメバチではなくアシナガバチに刺されていて、

特にアナフィラシキーという症状も

出なかったのです。


ですが、こんな風に、

自分が死んでしまったら…

ということを一瞬でも考えさせられた事は

非常に良い体験だったなと思いました。


また、私の場合は今までの人生は、

ある程度、満足している人生を

過ごしてきたんだな…とも思わされました。


まあ、今、この時点で

本当に死んでしまったら

悔いは残りますが、

私の場合は、同年代の人よりも

より多くの経験をさせてもらっている訳で、

それを考えると私の今までの人生は、

満足のいくものだなとそう思いました。


ということで、私は昨日、

芦ノ湖のある旅館で、

蜂に刺されました。


旅館の人が大騒ぎして、

アナフィラシキーになったら大変だ…

と一瞬ですが、自分の死を覚悟しました。


まあ、結果は何事もなかったのですが、

こういう自分の死を考えることは

普段、全くやらないので、

良い体験だなと思いました。


また、このメルマガを見ている人は、

そうやって自分の死を

考えてみても良いと思います。


そして、悔いが凄く残る人生であったなら、

死ぬ気になってみて、

もう一度、必死で人生を考えて

行動してみても良いと思います。


私はまだまだ、今死ぬと悔いが残る訳で、

だからこそ、もっと頑張りたいなと

思わせられました。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「どのくらいの規模の物件から始めるか」

です。


どのくらいの物件規模から始めた方が良いですか?

という質問をする人がいます。


では、このような質問をする人は、

どのようなことを目指して、

どのような方法を取るのかによって

始める規模は変わってきます。


今日という日は、もう二度と来ない人です。


当たり前のことを言うなと言われそうですが、

私は毎日、こんな考え方で過ごしています。


たまに、不動産投資をしたいと

私のところに相談に来る人の中に、

「もう少し早く始めていればよかった…」

と言われる人がいます。


そんな人に、

「今でも遅くないですよ」

という言葉を掛けると、

それから後は人は2つのタイプに別れます。


1つのタイプは、

その言葉を信じて本気で取り組む人です。


このような人は、物事を始められるわけで、

成功する可能性が残されている人です。


もちろん、何かに挑戦するということは、

失敗する可能性はゼロではありませんが、

成功する可能性もゼロではなくなります。


そして、もう1つのタイプの人は、

失敗する理由を考える人です。


○○をすると失敗するとか、

〇〇というリスクがあるから失敗するとか、

とにかくリスクをどんどん挙げて、

最後に自分は絶対に失敗したくない…

という人です。


このような人は、失敗するリスクに詳しく、

失敗事例をたくさん知っているのでしょうし、

失敗したくないので、

完璧に物事を覚えるまで始めないので、

失敗する可能性も少ないでしょうが、

成功する可能性も少ないです。


というか、そもそも何も始めないタイプなので、

不動産投資をしたい!と相談に来ますが、

このようなタイプの人は物件を買わずに終わり、

不動産投資を始められない人が多いです。


私に、「不動産投資がしたい!」と

相談に来た人は絶対に不動産投資を

始めなくてはいけない…

という訳ではないです。


ですが、せっかく、不動産投資を始めて、

自分の人生を変えていきたい!

と少なからず思ったのであれば、

真剣に取り組んでみても良いと思うのです。


私は元々、年収も低く、

資産も何もない状況から、

色々なことに挑戦して、

今の自分になれました。


それは、毎日、必死になって、

今、どうすれば自分の人生が

よくなるのか?を毎日考えて、

そして、行動してきたからです。


その行動の中には、

もちろん、失敗する可能性があるものも

多数あった訳です。


というか、失敗するリスクがあることだらけで、

実は今も私が選択することは、

失敗のリスクがあることが多かったりします。


そんな中、リスクを取って

行動しているのはなぜか?というと、

今日という人はもう帰ってこない…

という考え方を私は持っているからです。


今、こうしている瞬間も、

もう帰ってこない訳で、

だったら、失敗を恐れずに

常に挑戦していく毎日を過ごしたいからですね。


ということで、

私のところには様々な人が相談に来ますが、

「もう少し早く始めていれば…」

と言って、訪ねてくる人がいます。


その中でも前向きに進む人もいれば、

失敗することを恐れている人もいますが、

失敗することを恐れている人は、

そもそも行動しない人が多数ですね。


私は失敗するリスクがあることを

いまだに選択して行動していますが、

こういうことばかり選んできたからこそ、

今の自分がある気がしますし、

成功する投資家さんも

リスクを取って勇気を持って

行動するからこそ、

成功している訳ですね。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「良い目標の立て方」

です。


成功するには目標を立てた方が良い…

と言う成功者は多いです。


では、具体的に、どのように

目標を立てた方が良いのでしょうか?


不動産業者に相談をすると

必ず聞かれる項目に、

自分の住所地があります。


悪い業者だと住所を教えると、

ストーカーのように訪問に来たりしますが、

真っ当な業者はそんな事のために

住所を来たりしません。


では、なぜ住所を聞くのか?というと、

それはその人が使える金融機関は

どこがあるのか?を把握するためです。


銀行は、各銀行の内部規定の中で、

融資を出していきます。


その内部規定の中に、

営業エリアというものがあり、

営業エリアの中に、

投資家さんも、購入物件も

どちらも入っていないと

融資の審査すら受けられない事もあります。


そして、相談者の方の住所を知ると

その人はどの銀行の営業エリア内に

住んでいるのか?ということがわかるので、

使える銀行も自ずとわかってくる訳です。


そして、使える金融機関は

実は地域格差が非常に出やすかったりします。


例えば、東京近辺は最近、

融資が厳しくなっているのに対して、

札幌や広島周辺は融資が緩い金融機関が多く、

比較的、年収が低い人でも

融資を受けられる可能性がある訳です。


イメージですが、東京近辺では

年収1000万円まで行かないと

有利な条件で融資を受ける事は

どんどん難しくなっていますが、

札幌在住であれば年収500万とか

600万でも有利な融資条件で

不動産投資を始められる可能性さえまあります。


このように、どこに住んでいるのか?

ということは非常に融資の条件が変わってきて、

重要な要素な訳で、

だからこそ、住所地は重要で

絶対に知らなければならない項目な訳です。


ということで、不動産業者に相談をすると

必ず住所地を聞かれる事が多いです。


そんな中で、なぜ住所地を聞かれるのか?というと、

それはどこの金融機関を使えるのか?を

把握するためですね。


ただ、押し売りをするような

悪い業者に住所を教えてしまうと、

ストーカーのように自宅に訪問される

可能性もあるのでご注意ください。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「時間をとるか、お金をとるか」

です。


これは何でも自分でやってしまう人と、

コストが上がっても人に任せる人で、

最終的にはどちらがお金が残るのか?


空室が埋まらない…という人の相談を

たまに受ける事がありますが、

実は簡単に空室は埋まってしまう事が

多かったりします。


というのも、空室対策をしている人で

空室が埋まらない…と嘆いている人は、

空室対策を少しずつやる人が多いです。


世の中には空室対策本と呼ばれる本が

何冊も出ていたりします。


敷金礼金をゼロにした方が良いとか、

家具家電を付けた方が良いとか、

奇麗に掃除した方が良いとか、

空室にはスリッパを常備した方が良いとか、

そんな空室対策のノウハウというのは、

実は世の中に広く公開されています。


また、しっかりと学ぼうと思えば、

空室対策ノウハウは

市販されている本でも簡単に学べて、

そんなに難しい事ではありません。


そして、空室対策で私に相談してくる人も、

実際にノウハウは勉強している人が多く、

空室対策ノウハウを知らない訳ではないのです。


では、空室が埋まらない人と

空室が埋まって満室になる人がいる訳ですが、

この差は何か?というと、

最初から全力で空室対策に取り組むか、

徐々に小出しに空室対策に取り組むか?

という差でしかないです。


空室対策というと、

基本的にはオーナーさんが何か先に

負担したり、家賃を下げたりして、

収益性を下げる事が多いです。


ただ、最初こそ収益性は下がるものの、

入居者が入らなければ

家賃収入は入って来ないので、

ここを思い切って負担出来ないと

なかなか入居付けは出来ません。


例えば、1ヶ月は敷金だけゼロにしよう…とか

考えていると、周りのオーナーさんが

敷金礼金のどちらもゼロにしていると

そちらに入居者は持っていかれてしまう訳です。


この思い切りが出来て、

最初から全ての空室対策が出来る人は、

そこまで空室に困っている訳ではなく、

満室経営が出来ている人が多い訳です。


不動産投資で不動産を買うにしても、

他に副業などを始めるにしても、

今は様々な分野でノウハウが出回っていて、

そのノウハウ通りに物事を運べば、

ほとんどの事が上手くいく世の中になっています。


これが何か抜けている人や、

思い切れない人が

いつまで経っても上手く行かないように、

今の世の中は出来ていますね。


だからこそ、何に取り組むにしても、

最初にしっかりと学んで、

その学んだ事をしっかりと実践しましょう。


これは空室対策にも当てはまりますが、

他にも色々と当てはまる事が多いですね。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「私がセミナーをやらない理由」

です。


私はあまりセミナーをしませんが、

それには理由があります。


私がセミナーをあまりやらない理由とは?

先日から札幌に来て、

札幌や札幌周辺の方を中心に

不動産の相談を実際にお会いして

お受けしています。


そんな札幌面談をしているのですが、

札幌には今回で4回目の訪問で

もうすでに4年連続で来ています。


そして、4年連続で来ていて感じる事は、

札幌は他のエリアに比べて、

非常に融資が緩いエリアだ!ということです。


銀行には営業エリアというものがあり、

営業出来る地域が決まっています。


営業エリアというのは、

基本的に支店か本店のある地域に

投資家さんと投資物件の

どちらもが入っていないと融資は降りません。


融資が降りないというより、

審査対象にもならないので、

審査さえもしてもらえないのが、

営業エリア外に投資家か、

物件のどちらかが無い場合です。


これは結構、厳格な金融機関が多く、

例えば、札幌の金融機関でも

札幌には支店か本店があっても

苫小牧には無いとか、

旭川には無いとか、

そういう金融機関もある訳です。


他にも、旭川にあっても

博多には支店や本店がない金融機関もありますし、

広島には支店や本店がない金融機関もあります。


そしてポイントは、投資家さんと

物件の両方が営業エリアにないと

融資の審査もしてもらえないことで、

自分がどこに住んでいるかで

使える金融機関は決まって来るのです。


そして、金融機関が決まってくると、

その金融機関が融資を出す物件しか

当然買えないので、

買える物件もおのずと決まってしまうのです。


そして、使ええる金融機関が決まるということは、

もう1つ決まる事があって、

それは自分が使える金融機関が

今、融資が厳しければ

不動産投資が出来ない人もいます。


また、逆もしかりで、

自分が使える金融機関が融資が緩ければ

低年収の方でも不動産投資にチャレンジ出来ます。


そして、札幌は今どうなのか?というと、

他のエリアに比べて金融機関が緩く、

融資が比較的付きやすい状況になっていますね。


年収が300万円台、400万円台の人でも、

数億円規模で物件を増やしている人がいて、

その気になれば、他のエリアだと

融資が厳しいと思われる属性の人でも

充分に物件が買えるのが

札幌だったりします。


ちなみに、東京近郊はどうか?というと、

年収が1000万円超える人は

問題なく始められますが、

1000万円切ってくる人は

どんどん融資が厳しくなっているので、

そう考えると年収300万円台でも

融資を受けられる可能性がある札幌は

充分、融資が緩いエリアだと言えますね。


ということで、今年も札幌に来ていて、

もう札幌は今年で4年目です。


そして、今まで色々なエリアに行き、

色々なエリアの融資情勢を調べてきましたが、

非常に札幌は融資が緩いエリアで、

年収が低い人でも挑戦出来る、

日本でも数少ないエリアですね。


年収500万円以下の人で

東京で不動産投資をするのは

非常に難しいですが、

札幌であれば可能性はゼロでは無い訳です。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html






BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2015年 12 月号 [雑誌]

BIG tomorrow
( ビッグトゥモロー )
青春出版社
2015年 12 月号

に掲載されました。
週刊エコノミスト・2015年 11/3号


週刊エコノミスト
2015年 11/3号

に掲載されました。
SPA!(スパ!) 2015年 9/8 号 [雑誌]


SPA!( スパ! )
2015年 9/8 号

に掲載されました。
マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣


マネー&フリー
僕らが楽して大儲けした
57の秘訣

に掲載されました。
朝日新聞

朝日新聞
に掲載されました。
満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略

満室大家さん
12人の極意を盗め!
不況に強い「不動産経営」
50の戦略

に登場しました。
人生マル得不動産経営のススメ―『夫婦円満』『楽しく資産を増やす』10人のサクセスウーマンが実践する!

人生マル得不動産経営の
ススメ―『 夫婦円満 』
『 楽しく資産を増やす 』
10人のサクセスウーマンが
実践する!

の中で推薦文を書いています。
年収350万円以下で金持ちサラリーマンになる方法

年収350万円以下で
金持ちサラリーマンに
なる方法

に登場しました。
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方―家賃0円で高級マンションに住みながら資産を築く方法とは?

あと5年で会社を辞めて
豊かに暮らす仕組みのつくり方
―家賃0円で高級マンションに
住みながら資産を築く方法とは?

に登場しました。
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2009年 12月号 [雑誌]

BIG tomorrow
(ビッグ・トゥモロウ)
2009年 12月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
ビジネスチャンス別冊 家主と地主 Vol.31

ビジネスチャンス別冊
家主と地主 Vol.31
2010年 08月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
月刊 ビジネスチャンス 2010年 09月号 [雑誌]


月刊 ビジネスチャンス
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
NET M@NEY (ネットマネー) 2010年 09月号 [雑誌]


NET M@NEY ( ネットマネー )
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
今までの記事
水戸大家に連絡する
* メールアドレス
* 名 前

* お問い合わせ
内容


* すべてご記入の上、送信ください。

↑このページのトップヘ