そして、2週間ほど経った昨年の年末に売り主サイドから返事がきました。

価格400万円の物件に100万円の買い付けをした答えが「250万円でいかがでしょうか」というものでした。

この時点での表面利回りは38.4%でした。

ここで私は不動産屋さんに

「リフォーム屋さんと一緒に物件を見に行きたいのですが。」

とアポイントメントをとりました。

私の作戦としては2つあり、私の気付かなかった点をリフォーム屋さんに指摘してもらい、その分の値引きをお願いしようというのが1点

さらに、正確なリフォーム代を把握するために見積りを出させる事が2点目です

それが昨年末の出来事でアポイントメントは年明けにしました。

そしてリフォーム屋さんとの同行調査では、これと言って欠陥は見つからなかったのです。

しかし思ったよりも物(ゴミ)が物件内に多く、よく調べると一軒が未登記物件でした

この問題をこちらで処理する事を条件に再指値200万の条件提示に至りました。

また何週間か待ちましたが、最終的に200万円にて購入決定でした

正確に言うと表面利回り48%貸家(物件価格200万、年収96万、全2戸+物置)です。

しかし、もう少しキレイにすればもう少し家賃も上げられそうですな。


今日はランキング何位でしょう?


またまた1位キープ中…↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ