今日はアパートの入居を決めていただいた業者さんと、戸建の入居がもう1歩だった業者さんにお礼に伺いました。

持参したのは午後のストレート茶(仮名)1箱(安売り950円)です。

大変喜ばれたのと、私の顔を少しでも覚えてもらって次もお願いしますの意味を込めての投資です。

さて、今日はNHKの週間子供ニュースの池上彰さんが書いた

経済のこと よくわからないまま社会人になってしまった人へ―ひとめでわかる図解入りを読みました。


そこで銀行について色々と書いてあり、知らない事が多数でした。(奥が深いです)

特にペイオフについての記事はびっくりしたのですが、実はペイオフって1970年代に始まっていたんですね。

その後、バブル崩壊に伴う銀行倒産がありその時に「実は1000万までしか保証されない」って事が公になり、「それでは大変だ」ということで一時凍結されたそうです。

それで最近になってペイオフが復活した際に「ペイオフ開始」ではなく、「ペイオフ解禁」と表示されたみたいです。

あと1000万までの保証とありますが、正確にはそれ以上返って来ることもあるみたいです。

例えば、2000万預けておくと、2000万を1000万が2つと考えるそうです。

そして、銀行が倒産しても預金者のお金の8割くらいは倒産した銀行の資産を処分して還元できるそうです。

そうすると、800万が2つできます。

その800万のうちの1つが1000万まで保証になるそうです。

つまり2000万のうち、1800万までは返ってくるみたいです。
(目から鱗でした)

他にも基本的な事(保険や年金)ですが、今さら人に聞けない話が色々書いてありました。

応援よろしくです。→人気ブログランキングへ

あと少しで1位です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ