皆さんのご指摘の通り、円が強い状態が今後も続く事が移民が来る条件ですね。

「シャッチョさん、シャッチョさん(社長さん)」

と東南アジア系の人に呼ばれなくなる日が来る事があるかもしれません。

さて、円が今後も強く、移民が多数来ると仮定した場合の話を書きたいと思います。

入って来る移民は単純作業者が中心になり、低学歴、低収入の移民が大多数を占めます。

ここで考えられるのが、「この移民をビジネスに結びつけるかどうか?」です。

不動産賃貸業に特化して言うと
^槎韻鮹羶瓦紡澆
日本人を中心に貸す
どちらも関係なく貸す
のどれかのスタイルをとらざるをえないと思います。

私の考えだとのどちらも関係なく貸すスタイルはアパート等の共同住宅では難しいのかもしれません。

文化や風習の違いがある中で、日本の事を理解した上で来日していれば問題ないですが、そうでない外国人と日本人は壁一つ隔てたアパートで暮らすのはトラブルの元になる可能性があります。

この問題を解決するには、戸建賃貸が有効ではないでしょうか。

戸建であれば、隣家との境は壁一つという訳ではないですし、問題が発生してもその1戸で他に問題が波及しません。

また、共同住宅経営では、△虜鄒錣有効になります。

ちょっと広めの30岼幣紊如▲灰好箸里△泙蠅からない設備を付けて、こぎれいにして地域最安値の1Rよりかなり高く貸せば、お金のない外国人は借りれないと思います。
(家賃については地域差があるのでご想像に任せます。茨城なら2.5万の1Rがありますが、4万〜5万取れる部屋を作ります)

そして、日本人限定を売りにして経営をしていけば,なかなか安定した経営ができると思います。

,砲弔い討蓮△發里垢瓦ざ垢売れ残った1Rの共同住宅を超高利回りで買い、○○人限定(例えば中国人限定アパ)で経営します。

しかしこれは実際に移民が来てからやらないと、どんな人達が来るかわからないですし、円が弱くなって来ない事もあるので状況を見ながらやっていくのが良いかと思います。
(あと運営が難しいと思います。)

戸建賃貸、ちょい高アパートは移民が来なくても経営が安定する作戦だと思います。

応援よろしくです。→人気ブログランキングへ

あとわずかで1位になれます。↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ