皆さんこんばんは。

今日は、会社の健康診断で血を抜かれ、今週2回目の歯医者で悶絶した水戸大家です。

さて昨日の続きです。↓

そして、私の期待が最高潮に達した後で、そのコンサルタント社長さんは話を始めました。

コンサルタント社長さん
「へぇ〜若いのにその年で不動産ほしいんだ〜
すごいね〜」

私は事前に用意してある、物件の希望を書き込んだ用紙を渡します。

コンサルタント社長さん
「どれどれ…









こんな物件ないよ〜
あったらうちが買いたいくらいだよ
。」


「これくらいの条件でないと不動産に投資する意味がないのではないですか?」

コンサルタント社長
「いやいや、そんな事ないよ。例え毎月赤字になって手出しになってもローンが終われば土地や建物が残るからね」


「…」

ここから一時間くらい、コンサルタントらしい(笑)難しい言葉を巧みに使い私の希望利回りの半分くらいの不動産をローンを組んで買う事がいかに素晴らしいかをご教授いただきました。 笑

ちなみに私の提示した条件の物件は、年間数件でるかでないかという物、彼がローンを組んで買えという物はどこにでもある物件です。

私はここまで話をしてもらって一つ気付いた事がありました。

このコンサルタントの言う事を信じて投資したら大変な事になる…

利回りが倍違えばどれだけ大変かわかってます?と喉元まで言葉が出かかっていました。 笑

時間のムダだと思い、私は話を終わらせて帰ろうとしました。

するとコンサルタント社長は
「ちょっと待って、今から70万で買った話をするから…」

再び、私は70万という言葉に反応して話を聞く事にしましたが、変な図を書いて、変な話をされて…

終了しました。 笑

この人、こんな話に70万も払ったかと思うと可哀想になりました。 笑

全部の不動産コンサルタントがそうだとは言いませんが、こんな人がいると不動産コンサルタントって難しい言葉を使って低い利回りの不動産を売る職業なのでしょうか?と思ってしまいます。

しかし、私はこの時点で大体の買う物件の基準が決まっていたので良かったのですが、これから不動産投資を始める全くの素人がこのコンサルタントにかかったらどうなっていたんでしょう?

とても恐ろしいです。

私にとっては若かりし頃の甘くて酸っぱい思い出です。

明日は東京に行くのでブログ更新できないかもしれません。

応援よろしくです。→人気ブログランキングへ

もうそろそろ1位から転落…
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ