ブログネタ
経済政策 に参加中!
皆さんこんばんは。


水戸大家です。


20位くらいまで上がりました↓
人気ブログランキングへ

ヒロシさんに抜かれてます…2位です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

健美屋↓


新設水戸大家書店試験運転中


昨日、超有名人の方からメールもらいました。
(本人の承諾を得てないので名前は非公開)


不動産投資をしている人なら、誰もが知っているような人です。


ちょっとビックリしました。


こういう事があると、ブログやメルマガ等で情報を発信していて良かったなと思います。


これから先も、色々な出会いと思うので楽しみでもあります(^^♪











そうそう、ブログやメルマガで案内している3億物件」ですが、決済まで終わったそうです。


このご時世に、約3億の物件を買える信用と資産がある人がいるんですね〜


そう思うと、買えなかった私は非常に悔しかったりします。


逆に信用と資産があって、資金が用意できる人はドンドン物件が買えるはずです。


しかも、このご時世ですから物件価格はドンドン下がるはずです。


ある意味、チャンスな時が来ているかもしれません。











それで、こんなご時世のお話を一つ。


この前読んでいた本、日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)からです。


今の金融資本主義の問題点ですが、貨幣が中心の経済体制が不景気をもたらせています。


つまり持っている人は貯め込んでいて、無い人は全然持っていない。


↑お金のお話です。


世間一般に言われる格差社会ってヤツですね。


それで、なぜこんな状況になっているのか?


それはお金の特異性にあります。


お金は貯めようと思えばドンドン貯める事が出来ます。


正確には、使わなければ貯まります。


不景気になれば、みんな使わなくなるので、もっと景気が悪くなります。


これが元凶なんです。


つまり使わざる得ないお金を作れば良いんです。


それが、、日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)の中で言っている「地域通貨」です。


具体的には、その「地域通貨」を使わないで持っていると減価します。


1年で5%とかの割合で減っていき、最後は価値が0になります。


減価分は、税収の代わりにします。
(地方公共団体が地域通貨の発行元になります)


そんな「地域通貨」を作れば、使うしかなくなります。
(持っていると価値が無くなってしまいますから^^;)


全部、この「地域通貨」にしてしまうと、せっかく頑張って資産を貯めた人には気の毒です。


ですから、今までのお金と「地域通貨」を一緒に流通させます。


貯めるお金と、流通させるお金ですね。


そんな事がこの本に書かれていました。
(ドンドンこの内容を広げてほしいと書かれていたので、ブログにて公開させていただきました。私なりの解釈で書きましたが、解釈が違っていたらごめんなさい。)


定額給付金とか言ってますが、定額給付金をやめて「地域通貨」をばら撒いた方が経済が活発になりそうな気がします。


減価するお金の発想。


皆さんはいかがでしょうか?


20位くらいまで上がりました↓
人気ブログランキングへ

ヒロシさんに抜かれてます…2位です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

健美屋↓


新設水戸大家書店試験運転中



※ちなみに16人までしか作れませんでした。
 ここにいない場合はコメント下さい。
 多かった人がいれば次回にエントリーさせます。



水戸市のサラリーマン大家さん