ブログネタ
不動産投資のノウハウ に参加中!
ブログランキング、1日1回クリックして下さい。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら


■公図って知っていますか?

融資審査の際に、銀行に提出する書類の1つです。
(融資を打診した事のある人はわかりますよね)

ちなみに公図って、現況と結構異なる場合が多いって知ってました?

測量図は、比較的しっかり作ってあるのですが、
公図は江戸時代の縄延びの延長で作られた物らしく、
結構いいかげんです。 笑
(ちなみに田舎の方だと、測量図が無い場所もあります)

それで、今回私が買う物件は、公図を見ていると、現況と全く違ってました^^;

今回の物件は区画整理地でして、

公図は区画整理が入る前の状況になっています。

これを金融機関に提出したのですが、

『現地が確認できないので、融資審査ができません』

という返事でした。

このようなケースでは、区画整理の証明書と
区画整理の地図が必要になるそうです。

ちなみに、そのような書類は、区画整理をした団体に問い合わせると出してもらえるそうです。



■それで公図と現況の不一致で思ったことですが、
田舎の方で(区画整理地内でもなく)現況と公図が異なるところってどうするのでしょうね?

区画整理の場合は地図や証明書が代わりになるのですが、
そんな物が無い場合で、不一致が起こっている場合も大いに考えられます。

なにか対策があるのか、別の書類で賄うのか、わかりませんが、
どう対処するのかは興味があります。

それとも、そういう所の物件は担保に取れないのでしょうかね〜?

今回の件から、ちょっと考えてみました。

答えはわかりませんけどね…^^;


ブログランキング、1日1回クリックして下さい。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら




水戸市のサラリーマン大家さん