ブログネタ
本気で成功したい! に参加中!
■少しでも内容に共感出来たら、
ブログのランキングをクリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング⇒おきてがみ
の順番でクリックしてくださいね。

人気ブログランキングへ


おきてがみ

無言ポチ逃げ歓迎(^^♪


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

マスコミ関係者の方、取材大歓迎です。くわしくはココをクリック


■さて、昨日は

「都銀や他地域の地銀は地方の物件への融資額が低い」

というお話をしました。

今日は、出す金融機関は地元の地銀や信金なのですが、
その金融機関もエリアの問題があるというお話をしたいと思います。

どういう事かと言いますと、
地銀や信金は「エリア」というモノが決まっており、
「物件」と「買う人」が、その「エリア」の中に居ないと
基本的に融資基準から外れます。

その「エリア」とは、支店がある場所と言い換えられます。

つまり、茨城県内だけで営業している銀行は、
基本的に、その「営業エリア」の枠の中に、
「物」と「人」がないと融資は厳しくなります。

ただ、これには裏技的なものがあり、
私のメルマガ物件では、全部ではありませんが、
地元の金融機関を使える物もあります。

また具体的な方法論については、
メルマガで実際に物件を検討するとわかると思いますので、
まだメルマガの登録をしていない人はメルマガの登録をされる事を
オススメします。



■ちなみに、今回の読者さんの質問の結論としては、
地方で物件購入を検討される場合、
地方在住の500〜600万円の年収の方が
使える金融機関が増えるので有利です。


■少しでも内容に共感出来たら、
ブログのランキングをクリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキング⇒おきてがみ
の順番でクリックしてくださいね。

人気ブログランキングへ


おきてがみ

無言ポチ逃げ歓迎(^^♪


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

マスコミ関係者の方、取材大歓迎です。くわしくはココをクリック


水戸市のサラリーマン大家さん