ブログネタ
不動産 に参加中!
■少しでも内容に共感出来たら、
ブログのランキングをクリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

物件情報

■今日は、水戸の事務所にて缶詰になって仕事。


 今は仕事の仕組みづくりをやっているところです。


 目指すは、来年も川島塾に入って、

 1年中、川島さんと海外旅行に行けるように、

 時間とお金を持つことです。

 
 それを1年後までに手に入れたいですね。



■さて、今日は都内で高利回りを実現する方法を書いてみます。

 (不動産の話です)


 都内で高利回りを実現するには?ですが、

 これは『借地』を利用します。


 私も、この分野は宅建の取得時に勉強したのですが、

 すっかり忘れていました。


 それで、最近、芳賀さんの本を読んでみて、

 「都内で安く買うなら、これだよね!」

 って思ったんですね。


 芳賀さんの本

 ⇒ http://mitoooya.jp/hga.html


 ちなみに借地って借りている土地なわけで、

 期間が決まっています。


 この期間が来たら、絶対に借地は返さなければいけないかというと、

 そんな事はないのです。


 これは、「旧法」の借地であれば…という縛りがあるのですが、

 旧法の借地であれば、ほぼ永久的に土地を返す必要がないです。


 それで、探してみると、けっこう「旧法の借地」物件はありまして、

 都内の良い立地で、おどろくような利回りで出ていたりする訳です。

 (しかも旧法の借地なので、返さない借地でです)


 たとえば、こんな物件です。

 ⇒ http://blog.livedoor.jp/bb8888apaman/archives/1426140.html


 ただ、デメリットもあり、借地の場合は融資が付かないです。


 正確に言うと、付きづらいのですが、どういう基準かと言うと、

 ・建物の耐用年数 ― 築年数 = 融資期間

 という基準と

 ・借地の契約の残り期間 

 のどちらか短い方…となるみたいです。


 つまり、かなり融資期間が短くなる…ということなんですね。


 しかも、担保価値も微妙なので、

 ほんとにお金持っている人でないと買えません。


 でも、都内で超高利回りの不動産を持っていたら、

 しかも好立地で持っていたら、

 ステータス + 実利になる訳でして、

 お金がある人にとっては、魅力的な投資法だったりします。


 たとえば

 「俺、広尾に物件もってるんだぜ!」

 とか言ってみたいですよね。


 なので、ある程度お金をすでに持っている人は、ほんとに凄い投資法なので、

 芳賀さんの本は読んでおいても損はないと思います。 


■借地すごい!

 と思う人はブログランキングのクリックを。



■少しでも内容に共感出来たら、
ブログのランキングをクリックしてくれると嬉しいです。

人気ブログランキングへ

ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

物件情報