ブログネタ
不動産投資のノウハウ に参加中!
■ブログランキングの応援をお願いします。

人気ブログランキングへ

ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

物件情報

■今日は新潟 → 水戸と移動してます。


1日に複数件の物件案内が入ってきたりと、

忙しさが加速してきてます。


忙しいのは良い事なのですが、

1つ1つの行動が疎かになりやすいので、

もっと仕事を任せられる仕組みを

早く作らないといけない気がします。


■さて、不動産投資大百科内で

月に100万のキャッシュフローを1番簡単に出すには

「RCマンションへの投資」

と解説してます。


それとは別に、

「木造アパートへの投資」

もおすすめしています。


これは、はたしてどちらが良いのか?

という事を考える前に、選択肢として自分には実現可能か?

という事を書いてみたいと思います。


大きな物件を狙う場合、「年収」や「自己資金」が必要になってきます。


という事は、結果から言うと、

大規模なRCマンションへの投資は、

ある程度の年収や自己資金が必要になってくるのです。


目安として、某銀行さんでは年収の20倍までが

融資の限度額としているところがあります。


という事は、年収500万円で1億円まで、

年収800万円で1億8千万円まで、という基準が見えてきます。


また、物件価格の金額をフルでローンを受ける場合がフルローンと言います。


その場合、他に諸費用が掛かります。


その諸費用分も出せないと融資は難しいと思います。


概算の諸費用は物件価格の8%くらいになります。


5000万円の物件で400万円くらい、1億円の物件で800万円くらいです。


また、当然、買った後の事を考えると、

余剰金はあった方が良いです。


これが全てでは無いですが、

1つの融資の基準と思って頂ければと思います。


この基準は、実際にはかなり大雑把な数字なのですが、

全く外れてもいないと思いますので、

ここから自分で受けられる、

または挑戦出来る物件の金額を逆算してみても良いと思います。





■ブログランキングの応援をお願いします。

人気ブログランキングへ

ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

物件情報