ブログネタ
お金 に参加中!
 昨日のメルマガで同じような条件、同じ利回りであれば

 東京や横浜に投資した方が良い…

 という事を書きました。


 これはあくまで、同じような条件で、

 同じ利回りの場合のみ比較になりますので、

 条件が違ったり、利回りが違ったりすると、

 比較出来なかったりします。


 それで、もちろん利回りが高い場合は

 地方で不動産投資を始めても良いと思います。


 ですが、利回りが高いから始める場合、

 注意点があるので、その辺を解説します。


 それはどんな事か?というと、

 「どんな融資が付くのか?」

 という事です。


 物件を買う時に全部現金で買うのであれば

 それは単純にどれくらい物件が稼働するのか?という事と、

 利回りが高いか低いか?という事です。


 ですが、自己資金が限られていて、

 融資を使うとなると、

 それにプラスしてどんな融資で借りられるのか?

 という事を考えなくてはいけません。


 そして、そもそも自己資金が少ない場合は、

 大部分を融資でまかなわなければならないので、

 そのような融資を使うのか?

 それとも自己資金が貯まるまで不動産投資を始めないのか?

 という事も考えなくてはいけません。


 また、必要自己資金が銀行の提示額よりも低い場合も

 物理的にその金融機関で物件を買う事は出来ません。


 ですので、自己資金の出せる額で出来る投資と

 出来ない投資が出てくる訳です。


 それから、融資は金利や期間によっても

 その投資が良いのか、悪いのかが変わってきます。


 例えば、利回り10%の物件を5%の金利で30年で引いて買うのと、

 利回り11%の物件を金利3%で15年で買うのとでは、

 利回りが低くて金利が高くても、

 長期間借りられた方が安定したキャッシュフローが出たりします。


 また、利回り9%の物件を金利1%で30年引ければ、

 利回りが低くなっても金利が低い分、

 安定したキャッシュフローが出たりするのです。


 また、さらに言うと、

 その要素に地方や都心で…

 という需要の要素も考えなくてはいけないので、

 一概に利回り○%の物件は買いなのか?というと、

 それも「どんな融資が付くのか?」

 で考えなくてはいけない訳ですね。


 という事で、不動産投資は地方でやれば

 高利回りの可能性が高いのですが、

 高利回りとひとことで言っても、

 「どんな融資が付くのか?」

 とセットで考えないと、

 その投資が良いものにも悪いものにもなる訳です。
 


 ■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

 →  http://mitoooya.jp/nin.html


 ■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
 → http://on.fb.me/WD2TWA

 
 ■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

 → http://www.facebook.com/mitoooya


 ■当社の求人は応募殺到のため、一旦休止させて頂きます。



 ■10万円相当の不動産投資大百科を

     無料でお受け取りください。

 → http://mitoooya.jp/d.html



 ■買い付け証明書を無料でお配りしています。

     (こちら登録で物件情報に同時登録されます)

 → http://mitoooya.jp/kai.html



 ■水戸大家へのご質問はこちらから

 → http://mitoooya.jp/q.html











10万円相当、500ページ超えの不動産投資の教材が期間限定で無料です

ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

Facebookページに「いいね」を押して頂けると嬉しいです

個人のFacebookページの友達申請&フォロー大歓迎です

住宅ローンや不動産投資のローンの返済がキツい方は任意売却専門のスタッフがご相談に乗ります

水戸大家の投資物件情報