ブログネタ
お金 に参加中!
不動産投資の大きな魅力の1つに

物件の残債が減っていく事があります。


融資を受けて物件を買っていくと、

同時に銀行への返済も始まります。


私はこの時に、しっかりとキャッシュフローが出る物件、

つまり手残りがある物件を買う事を

おすすめしています。


ですが、仮に運用している時に

全くキャッシュフローが出なかった場合、

この場合は投資として損をしてしまうのでしょうか?


これが長い目で見ると、

物件によってはプラスになる物件もあります。


どういう事か?というと、

キャッシュフローが全く出なかった場合、

物件価格が変わらないか、

もしくは物件価格が購入時より上がった場合、

銀行へは毎月返済をしていて、

残債は確実に減っている訳です。


そうすると、返済がどこまで進むか?にもよりますが、

究極の話、30年返済で30年経ってしまうと、

当然、残債はゼロになるので、

物件に値段さえ付けば、

その分だけプラスになる訳です。


正確にはそこから税金が引かれるので、

確実に売却価格分儲るのか?というと、

それはちょっと違ってきますが、

物件を保有している期間中に、

全くキャッシュフローが出なかったとしても

このような結果になります。


ただ、だからと言って

キャッシュフローが出なくても買って良い…

という訳ではなく、

私が提唱するようにキャッシュフローが

出る物件を買っていれば、

さらに損をする投資になる確率は

物凄く低くなります。


もちろん、投資ですので、

物件によっては物件を買ってから

初めてわかるリスクが潜んでいるかもしれません。


ですが、30年返済であれば30年間保有して

その期間中に全くキャッシュフローとして

手残りが仮に残らななかったとしても

利益が出る可能性があるのが、

不動産投資の強いところです。


ただ、より利益を残すためには

いかにキャッシュフローが出る物件を買えるか?が大事で

そこを意識して物件を買っていくと

お金も早く手に入りますし、

資産形成も早く出来る訳ですし、

相場よりも物件を安く買えたのなら

それを即転売して利益を上げる事も出来るのも

不動産投資の魅力な訳です。


ただ、仮に全くキャッシュフローが

出なかったとしても損をする確率が低い…

と覚えておくと、

「リスクが怖くて買えない…」

と考えるよりも、

「リスクに挑戦して自分の人生を変えていこう…」

という思考になっていけるのだと思います。


という事で、私はキャッシュフローを

いかに出せるか?という事を、

いつもメルマガでは言っています。


ただ、仮に見えないリスクが物件に潜んでいて

物件を買ってから予想よりも

キャッシュフローが出なかったとします。


仮にそんな物件を買ってしまい、

保有期間中のキャッシュフローが全く無かったとしても

長い目で見ると損をしない可能性が高い…

という事を覚えておくと、

リスクにも挑戦出来るようになっていけますね。


ちなみに今日と同じ事を繰り返していても

人生は変わらないので、

自分の人生をもっと豊かに、

もっと自由に生きたいのであれば、

そんな人生が変わる行動を毎日少しでも

していった方が良いですし、

不動産投資がしたいけれど

リスクが怖いと言っている人は

このように考えるとリスクに挑戦出来る思考になるかと思います。


何かを変えないと人生は変わらない…

という事ですね。




■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■大阪支店立ち上げスタッフ募集

→ http://goo.gl/nNaknK


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→  http://mitoooya.jp/d.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html



■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html