ブログネタ
お金 に参加中!
不動産投資をしたい!という方から

よく頂く質問の1つに、

「自分の物件に住んでしまうのはどうですか?」

という物があります。


私はメルマガで過去に、この質問に答えていますが、

この答えは100%に近い確率で止めた方がよい…

です。


というのも、絶対に止めた方が良いと思われる人が、

家族がいる人です。


不動産投資を検討している年代で、

30代後半から40代前半くらいの人が

結構、多いのですが、

その年代になると、奥さんからも、

マイホームを買って欲しい…

というお願いをされ始める方も多いです。


それなら、不動産投資も出来るし、

自宅も手に入ってしまうという

賃貸併用住宅などは、

とても魅力的な物件に見えてしまいます。


ただ、家族がいる方であれば、

これは100%止めた方が良い選択です。


というのも、奥さんが思い描いているマイホームと

賃貸併用住宅は似ても似つかない代物だからです。


というのも、不動産投資とは一体何なのか?を

よく考えてみてください。


不動産投資とは、不動産を購入し、

快適な住空間を作って、

入居者にレンタルして収入を得るという

サービス業に私は当たると考えています。


不動産業ではなく、サービス業です。


ここで勘違いしているのが、

不動産を買ったら終わりと考えている方がいて、

不動産を買ったら、その後は管理の問題が出てくるのです。


賃貸併用住宅では、壁一枚隔てたお隣さんが

入居者というお客様になります。


そして、朝、出社する時も、

夜に家に帰って来た時も、

そのお客様と顔を合わせる事になります。


バリバリ昼間に働いている一家のご主人は、

まだ、朝と夜だけなので良い方で、

専業主婦で家に残る奥さんは、

他の入居者と四六時中顔を合わせることになります。


ただ、これも気にならない…という人でも、

入居者の中に滞納をしたり、

変な人が入ってしまったら、

これはリスクになります。


変な入居者が自分のお子さんや奥さんの

居場所がわかる訳で、

そんな環境で毎日暮らしていかねばなりません。


また、ちょっと前のニュースになりますが、

滞納している入居者に大家さんが

「お金を払えないなら出て行け!」

と過去に言ってしまって、

逆ギレされて刺されてしまった…

という事がありました。


人間だからこそ、滞納などが発生すると

思わず本人を目の前にすると、

ひと言いってしまう事もあるでしょう。


ただ、それは大家さん本人が行う事で、

そんなリスクも出てくる訳です。


こういう諸々のリスクを考えて、

賃貸併用住宅を検討するならそれも良いです。


ですが、私のこれは持論ですが、

やはりマイホームを持つのであれば

自分の家の回りはお客さんではなく、

普通の人の方が良い訳です。


この辺がわからずに、

賃貸併用住宅を安易に検討してしまう人が

いる訳ですね。


あくまでも、奥さんが望んでいるマイホームは

様々なリスクを抱えるかもしれない賃貸併用住宅よりも

別個独立した普通の家を希望していると思う訳ですね。


そして、それはキチンと不動産投資を先に始めて、

その収益で余裕を持って買えるのが、

1番の理想的なマイホームの手に入れ方だと思いますね。


投資は投資、自宅は自宅と

しっかりと分けて考えた方が、

実は幸せな毎日に近づけますね。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→  http://mitoooya.jp/d.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html



■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html