ブログネタ
お金 に参加中!
不動産投資に向いている人ってどんな人ですか?

という質問もたまに受けます。


不動産投資に向いている人ですが、

これは2つのポイントがあります。


1つは数字で物事を判断する人でないと、

不動産投資は成功しません。


不動産投資はビジネスであり、投資であり、

ボランティアではありません。


ここには数字を的確に読み切って判断し、

利益が上がるように物件を買わないといけません。


例えば、近所に物件が売りに出ているから、

なんとなく買ってしまう…とか、

地方は空室が多そうだから、

都心に物件が欲しいという考え方で

不動産投資を始めてしまうと、

不動産投資は失敗します。


近所に物件が売っているから買う…

という方は実は実際に存在していて、

全く不動産投資のことを勉強しなかったり、

物件が他にあるのか?とかも比較検討しないで

物件を買ってしまうパターンです。


これは勉強している投資家の方から見ると

信じられないかもしれませんが、

「近所に物件があるから…」

という理由で物件を買ってしまう人が

いる訳です。


ちなみに、このような人は利回りとかも

知らないで買ってしまうので、

高値で物件を掴まされても、

それ自体が悪いことだとも把握してません。


ですが、このように数字を全く無視して

物件が近所にあるから…

という理由で不動産投資を始めてしまう人も

かなり少ないですが、いる訳で、

このような人は不動産投資では成功出来ません。


また、少し勉強している人でも、

「地方は全部ダメ!」

と言っている人も成功出来ません。


というのも、地方の物件だからと

一括りにしないで、

物件は1つ1つ調査してから、

その物件は良いのか?悪いのか?を

精査すべきです。


私は今まで多くの物件の情報を見てきましたが、

地方だから入居が全く入らなくて、

都心だから、いつも満室…

という単純な話ではないことを

身をもって実感しています。


物件というのは、

その物件がいくらで入居付けができて、

他の競合物件がどんな物なのか?

という事で入居率や設定家賃が決まります。


どの地方が全部ダメとかではなく、

1つ1つ物件は個別に精査しないとダメなのです。


それが、東京にしか住んだことがない人に多いですが、

「地方は全部ダメ」

という思考パターンになっている人もいる訳です。


ちなみに、「近所だから買う」とか、

「都心の物件じゃないと買わない」

という思考パターンは、

物事を数字ではなく、

感情で捉えています。


数字で物事を判断するのであれば、

最初の「近所だから買う」という人は、

もっと勉強をした上で、

その近所の物件は割安だから買うとか、

割高だから買わない…という判断を下す訳です。


また、都心だから買うとか考えている人も、

その物件の設定家賃が確実に取れそうで、

そして銀行とセットで考えて

キャッシュフローが出るから買うとか、

キャッシュフローが出ないから買わない…

という数字で判断しなとダメな訳です。


ですので、投資で成功するために

どんな人が成功できるのか?という

1つのポイントですが、

それは「物事を数字で判断する人」

ということですね。


ちなみに、不動産投資で成功出来そうな人になる

もう1つのポイントは明日解説します。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→  http://mitoooya.jp/d.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html



■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html