ブログネタ
お金 に参加中!
昨日から珍しく、

「不動産投資に向いている人」

というテーマでメルマガを書いています。


不動産投資に向いている人は2つポイントがあって、

1つは昨日解説した、物事を数字で判断する人です。


昨日の記事

→ http://mitoooya.com/archives/52446238.html


では、2つ目のポイントは何でしょうか?


不動産投資に向いている人の2つ目の特徴は、

「人が好き」です。


不動産投資は物件を買って、

物件を貸して、収益を上げていきます。


ここで、「建物が好き」という人よりも

「人が好き」という人の方が

実は不動産投資に向いています。


というのも、建物や土地が好きでも、

不動産投資は成功しません。


まず、不動産投資は物件を買わないと

始まらないのですが、

その物件情報を持って来てくれるのは

実は不動産業者の営業マンだったりする訳です。


そして、コミュニケーション能力が高い人の方が、

営業マンに好印象を持たれやすく、

良い情報を得られる可能性が高まります。


また、物件を買ったあとも、

管理を業者に任せたり、

管理は自分でやるにしても、

入居の募集を業者に任せる人がほぼ全員です。


そして、入居募集する前のリフォームをするにしても

全部、自分でリフォームをする…

という人は皆無だと思う訳です。


つまり、不動産投資というのは、

建物を買って貸していく仕事な訳ですが、

単純に建物や不動産の知識だけがあれば良いのではなく、

情報を持って来てくれたり、

入居者を募集してくれたり、

リフォームをしてくれたり…と、

様々な人が関わってくる仕事で、

そんな多くの人達としっかりとコミュニケーションを取る事が、

実はこれからの不動産オーナーに求められてくる事なのです。


一昔前は、不動産オーナーにコミュニケーションなんて

求めなくても良かった時代もあったと思います。


戦後は住宅が足りない状態で

元々、日本の不動産オーナーは

建てれば埋まるのが当たり前の時代もありました。


しかし、今は全国的に少子高齢化が進んでいて、

管理会社から選ばれるオーナーや物件にならないと

物件は埋まらなくなっているのが現状です。


また、不動産投資を始めるのにも、

良い情報を貰わないと成功しない訳ですが、

優良な物件情報の数よりも

不動産投資をやりたい人の数が多過ぎて

物件が全ての人に行き渡っていません。


買うにしても貸すにしても、

どちらもオーナーが不動産会社に好印象を持たれないと

不動産投資は成功出来ない環境にある訳です。


だからこそ、人が好きでコミュニケーション能力が高い人が

これからの不動産投資では、

一歩も二歩も抜きん出る事が出来る訳ですね。


ちなみに、私も色々とこれまで不動産投資をする上で、

不動産会社の人にプレゼントをしたり、

飲みに誘ったりして仲良くなってきました。


こういう事をしていかないと

なかなか、成功は無いので、

いかに不動産業者から気に入られるか?

という事がポイントな訳ですね。


そして、その根本にある考え方が、

「人が好きかどうか?」

という事だと思う訳です。


という事で、今日は不動産投資に向いている人

というテーマで、2つ目のポイントを解説しました。


昨日と今日の2つをまとめると、

物事を数字で判断出来て、

人が好きでコミュニケーション能力が高い人が、

不動産投資で成功しやすい人という訳です。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→  http://mitoooya.jp/d.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html



■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html