物件を買っていく中で、

1つの物件タイプに偏らないように

買い進めていくのが理想です。


というのも、例えば中古のRCマンションは

融資を引きやすく買いやすい物件です。


ですので、中古のRCマンションで買い進みたい!

とご希望される方もいらっしゃいます。


ただ、中古のRCマンションは万能か?というと

そういう訳でもなく欠点もある訳です。


例えば、築20年くらいのRCマンションであれば

融資は付きやすく、RCマンションの中では築が浅い方です。


ですが、築20年も経っていると

必ずしも物件に痛みがない訳ではなく、

修繕が必要になることもありえます。


このような修繕が掛かってくることが

中古のRCマンションの欠点といえる訳です。


一方、新築のアパート投資が

築が浅い分、修繕の必要性は少ないです。


ですが、新築プレミアムという

新築だから、ちょっと高く家賃が取れている…

という部分もあり、

これが新築プレミアムが無くなると、

家賃の下落率が高くなることもありえます。


この2つのタイプへの投資は、

どちらも融資が付きやすく

キャッシュフローも出やすい投資な訳で、

今のご時世では人気が出やすい投資だと言えます。


ですが、どちらも万能ではなく、

各々、長所もあれば短所もある訳です。


ですので、RCマンションも買えば、

新築の木造アパートも買っていくと、

バランスが取れて、投資全体としてみると

とても良い状態を作れる可能性が高くなります。


これがRCマンションだけ集めていくと、

同時に修繕が発生してしまうと怖いですし、

新築だけ集めてしまうと、

同時に新築プレミアムが外れて、

家賃が複数物件で下がってしまう…

ということが起こってしまう訳です。


これが例えば、新築から買い始めておくと、

当初は新築プレミアムがあっても入居者が付きます。


そして、新築は最初が

1番キャッシュフローが取れる訳で、

その状態を作った上で、

中古のRCマンションなどを買い増していきます。


これで仮にRCマンションで修繕費が

思った以上に掛かったとしても、

新築からのキャッシュフローがあるので、

投資全体としてみると利益が安定する訳です。


このようにして投資全体のバランスを見て

物件を買い増していければ、

物件1つ1つのリスクと収益が平均化されて

大きくコケることが少なくなりますね。


そして規模感が増えていけば、

その分、収益はどんどん大きくなる訳で、

そんな風にリスクをコントロールしていけると

より安定した不動産投資ができる訳です。




■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://toushifudousan.jp/


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html