不動産投資をする上で、

自己資金が多い方が良いのですが、

これをわざと少なく言う人がいます。


というのも、我々、不動産業者や

金融機関は融資の可否を決めるために、

様々な情報を投資家の方から

聞くことになります。


その中には、自己資金の額がいくらか?

という項目が含まれます。


この金額が多ければ多いほど、

銀行からの融資審査は有利になるのですが、

自分の金融資産を他人に知られなくないのか、

他の理由によるものなのかは不明ですが、

実際に持っているお金よりも

少なく申告してくる人がいます。


まあ、少なく申告しても

手元に10億円持っているとかなら良いのですが、

1000万円持っているのに

100万円しかない…とかだと

そもそもの融資が通らない可能性が出てきてしまいます。


1000万円が手元にあるのであれば

1000万円あると金融機関に告げた方が

融資審査では融資になります。


これが100万円しかない…となると

融資審査に不利になって

そもそも融資が降りない可能性がある訳です。


そして、1000万円の金融資産があって

その中でいくらまで使えるのか?を

お伝えしていくのが融資審査の王道です。


また、これも自己資金に関してよくある質問で

「いくらくらい自己資金があると有利ですか?」

といってくる人がいます。


これの答えは、

「一円でも多くあった方が有利」

というお返事になります。


だからこそ、自分の自己資金人関しては

なるべく多く金融機関には報告した方がよく、

過小に申告してしまうと

出る融資も出なくなることがあるので

ご注意ください。


ちなみに、銀行が評価する金融資産ですが、

これは株やFX、国債や社債、

金や積み立て型の保険などなど

色々な換金性のあるものが対象になるので、

自分の金融資産がどれくらいあるのかを

ちょっと時間を取って洗い出す作業も

非常に大事なことですね。


ということで、不動産投資では

自己資金をいくら持っているのか?は

非常に重要なことです。


そして、その重要な要素になるにも関わらず、

過小に申告している人もいますが、

これは融資に通らなくなるのでご注意ください。


銀行は基本的にお金を持っている人に

お金を貸すのであって、

お金を持っていない人にはお金を貸さないのが

原則な訳です。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://toushifudousan.jp/


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html