今、多くの人が銀行から借り入れをし、

不動産を買って投資をしています。


これは自己資金が限られている人であれば

当たり前の事なのですが、

これからはこの常識が覆る可能性もありえます。


銀行の本業であるお金を貸す…

という業務を他に出来るシステムが

少しずつ出てきているのです。


それは何なのか?というと、

クラウドファンディングです。


クラウドファンディングとは?

ITと金融が融合した形態で、

銀行は間接金融なのに対して、

クラウドファンディングは直接金融になります。


銀行の業務とはそもそも、

預金者からお金を預かり、

その預かったお金を

銀行からお金を借りたい人や企業に貸し出し、

預金者と借り入れをした人との金利差で

利益をだしています。


預金者とお金を借りる人の間に、

銀行が入るので間接金融となります。


一方、クラウドファンディングは、

どういう仕組みか?というと、

ネットを使ってお金を直接、

お金を出したい投資家から集めます。


ネットが普及する前は考えられなかったことですが、

一個人であったり、小さな企業であったりが、

「こんな事業をやりたいので投資しませんか?」

と呼びかけて実際に資金を集める事例が

もうすでに日本でも行われている訳です。


ただ、不動産へクラウドファンディングが

すぐに適用されるか?というと、

これはちょっとまだ早い気がします。


というのも、例えば、お金を借りた

物件の運営側が、

お金が返せなくなった時に、

物件を処分したりしてお金を返す訳ですが、

それをどこまで管理して行うのか?という事が

不動産を通した事業に融資をする際に

問題になってきます。


これが銀行のシステムだと

銀行が預金者と

お金を借りて運営をしている投資家との

間に入っているからこそ、

投資家側が銀行へ支払いが滞った時に、

銀行が対処してくれる…

ということが行われている訳です。


また、銀行へ預金を預けている預金者は、

投資家が支払いが出来なくなっても、

他の貸し付けで銀行は利益を出しているので、

元本の保証をしてくれている訳で、

そういう意味でも銀行の存在は大きい訳です。


ただ、いずれにせよ、クラウドファンディングという

ITと金融をミックスさせて、

直接、お金を出したい人を募り、

事業をしたい人がお金を集める方法が

確実に日本に浸透し始めている訳で、

これはいつかは不動産の世界でも

行われるのかもしれない…

という事は頭の片隅にいれておいても

良いと思います。


ですので、このクラウドファンディングは

今後、どのようになっていくのかは不明ですが、

注目しておいても良いですね。


ちなみに、一部の銀行は、

クラウドファンディングの場を提供している業者と

すでに提携をしているところもあるみたいで、

今後は銀行がクラウドファンディングに

もしかすると乗り出すのかもしれません。


という事で、今、金融業界は

IT技術の進歩により、

新しい金融というものが出てきています。


その1つがクラウドファンディングなのですが、

これは不動産投資家であれば

ニュースで取り上げられていれば

必ずチェックした方が良いと思います。




■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://toushifudousan.jp/


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html