ここ、2,3ヶ月の間に不動産投資への融資は

徐々に厳しいものになってきています。


では、そんな融資が厳しくなると、

不動産の動きは悪くなってきていたり、

不動産価格は下がってきているのでしょうか?


結論から言ってしまうと、

不動産の売買の動きは変わらずに活発で、

不動産価格も下がった感じは全くないです。


ただ、人によって何が出来るか?が

ハッキリと分かれてきており、

ちょっと前までは大規模な

不動産投資家を目指せていた属性の人が

今ではそこまで資産拡大が

出来にくくなってきています。


では、そんな状況になってきたのなら、

不動産価格が下がり、

利回りが上がっていっても

良いのではないか?と考える人も

いるかもしれません。


なぜなら、融資が厳しくなるということは、

参入できるプレイヤーが減るわけで、

そうなると物件は今までの値段では

売れなくなると考えるのが普通だからです。


でも、結果として融資が厳しくなって

不動産価格は下がらずに、

物件の売買は今でも活発に

行われている訳です。


それはなぜなのか?というと、

それは「今以上に融資が厳しくなった時」

の事を考えて、今、物件を買っている人が

大勢いるからです。


というのも、融資が厳しくなったとはいえ、

今でも融資は出ています。


そんな中で、融資を使わないで

物件を買うという人は

いつでも物件を買えますが、

ほとんどの人が物件を買うのに、

全額自己資金で買うという人は

いないと思います。


そんな融資が厳しくなるということは、

これ以上、融資が厳しくなると、

そもそも不動産投資自体を

始められなくなる属性の人が

出てくる可能性がある訳です。


そうなってくると、

銀行さんとの繋がりも、

その後の実績も作れない訳で、

融資がもっと厳しくなってしまうと

不動産投資の市場にプレイヤーとして

参加出来なくなる訳ですね。


それがわかっている人が、

今、自分が出来ることを理解して、

そして自分が出来る精一杯の投資を

始めている人がまだまだいる訳です。


そして、こうしてなんとか

今のうちに不動産投資を始められた人は

融資が厳しくなった時に、

どうなっていくのか?というと、

今のうちに実績を出して、

資産やキャッシュを増やしておけば、

融資が厳しくなった時に、

他の実績がない人は融資が受けられなくても、

そんな実績がある人は融資が受けられる可能性が

出てくる訳ですね。


だからこそ、今は1つでも多くの金融機関を開拓し、

1つでも多くの金融機関から融資を引いて

1つでも多くの金融機関で実績を作るべきなのです。


そうしておくことによって、

これからさらに融資が厳しくなったとしても

物件を買える人になれる訳ですね。


アリとキリギリスの童話がありますが、

まさに今、頑張って

実績を作ろうしている人がアリであり、

今は不動産投資は今はやらなくていいや…

と考えている人はキリギリスなのかもしれません。


ということで、ここ2、3ヶ月で

融資は確実に厳しくなってきている

傾向にあります。


そんな中でも物件の売買は活発で、

物件価格が下がっている印象は

あまり受けません。


それはまだ融資が出ているうちに

物件を買って実績を作りたがっている人が

物件を買っている可能性が高く、

今、物件を買っておかないと

買えなくなると感じている人が動いている訳です。



■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html