たまに経営者の方や、

個人事業主の方が、

「決算書は黒字にしなければダメですか?」

という質問をしてきます。


これは黒字にしなけば絶対にダメで、

融資は基本的に赤字ではおりません。


経営者や個人事業主の方は、

なるべく節税をしたいので、

決算書の数字を抑えたいからです。


また、利益部分を経営者や

個人事業主の方は、

ある程度、調整が効くので、

なるべく利益を抑えて、

支払う税金を抑えている人が多いからです。


では、黒字にした方が融資を受けられるとして、

どのくらい黒字にすればいいの?

という疑問が出てきます。


ちょびっと黒字で融資が付くのか?

それとも大幅に黒字にしないと

融資が付かないのか?ということです。


この手の質問は、私も受けるのですが、

正確な回答は難しいものです。


それは1円でも黒字になった方が良いのですが、

それでもどのレベルにしておけば、

融資が付くのか?という目安があると

どのくらいの決算書にすれば良いのか?が

わかる訳です。


そして、この答えは?ですが、

実は正確な数字は

私にはわかりません。


なぜなら、銀行によって数字は変わってきますし、

同じ銀行でも支店や持ち込むタイミングによっても

違う回答が返って来るからです。


また、職種やその会社によっても

回答は違ってくるからです。


では、誰が知っているのか?というと、

銀行が知っています。


融資のことは融資のプロに聞くのが1番で、

銀行に決算書を持っていくと、

どのような利益が出ていれば

土俵に乗って来るのか?という話が

出来てくる訳です。


そして、このように銀行を回ることで、

他にもその銀行の融資基準がわかったり、

自分がどのような立ち位置で

銀行から見られているのか?も

わかってきます。


まあ、銀行回りをしましょう…

というお話なのですが、

このように、経営者や個人事業主の人は、

どのくらいの黒字額が銀行に

求められているのか?

ということも教えてもらえる訳で、

こんな銀行の活用方法も

ぜひ覚えておいてください。


ということで、経営者や個人事業主の方は、

黒字の決算書にしないと

融資は基本的に受けられません。


しかし、この黒字の額は、

どのくらいにした方が良いのか?

ということが悩ましいことなのですが、

これは銀行に聞くと教えてもらえるので、

とにかく決算書を持って銀行回りをしましょう。



■久しぶりに営業募集しています

→ http://goo.gl/2QcFrd


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html