人は怠ける生き物で、

不動産投資をしよう!

不動産投資で成功しよう!

と考えても、

行動が続かない事があります。


特に、不動産投資は

良い物件を探すことと、

銀行を1つでも開拓できると

それは成功につながるのですが、

多くの人がそのような行動を

毎日、根気強く続けられません。


例えば、不動産投資専門のポータルサイトを

毎日、根気強く見るだけでも

かなり物件の情報を集められるはずですが、

毎日している人はわずかだと思います。


また、不動産業者から物件情報のメールが来て、

それを1つ1つ精査していくと、

かなり自分の不動産投資の知識が

上がっていくのですが、

それも毎日やる人は少数です。


このような事は市販されている本に

書かれている訳ですが、

そんな本に書かれている事でも

毎日やっている人は少ないのです。


それはなぜ出来ないのか?というと、

なかなか物件が買えなかったりして、

心が折れてしまうからです。


では、そんな続けられない…

という悪循環を断ち切るには、

どのようにしたら良いのでしょうか?


これは、単純に確率の問題だと

そう考えるのです。


例えば、不動産投資で良い物件を買うには、

良い物件を探さないとダメですし、

そんな物件でも融資先が無ければ

物件は買えません。


そして、多くの人が良い物件を探していて、

そんな優良物件が出てくると

すぐに買い付けが入ってしまいます。


その中で物件を買っていくには、

単純に行動量を増やしていくしかないのです。


1000の物件情報を集めて、

その中から優良な物件は3個もないかもしれません。


では、その3個の物件全部を

他の人よりも早く見つけて

買い付けを入れていくしか

不動産投資で成功する事は出来ません。


では、1000の物件情報を探して

買えなかったのであれば、

2000、3000と分母を増やすしかないです。


融資も一緒で、1つの金融機関で付かなかったら、

2つ3つ4つ5つと

どんどん金融機関を当たっていくしか

成功する事は出来ないのです。


これが成功出来ない人は、

そもそも集める物件情報が少なすぎです。


極論を言うと、物件情報は

少なくても良いのですが、

その場合は優良な物件情報を

握っている不動産業者の

開拓が重要になってきます。


また、良い物件はあったけれども、

融資をどこも付けてくれない…

という事が起こると、

これも諦めてしまう人が多いです。


1つダメだったら、次々と

融資を打診していくのです。


こうする事で、新しい融資先が見つかり、

そして、今まで融資が無理だと思っていた物件も

融資が付く可能性が見えてくるのです。


こうやって量をこなしていくと

不動産投資は成功につながっていきます。


ちなみにですが、

実はこのような動きを

当社では営業がかなり行なっています。


物件を探して、良い融資をつけられれば

それで投資家さんを

より成功に導ける訳ですが、

人はサボる生き物なので、

当社ではこんな作業を

営業がずっと行なっている訳です。


ですので、今挙げたような事が

「ああ、めんどくさいな…」

と思っている人は、

当社に連絡してみてください。


自分では成功したいけど

時間がない人などは

そんなサポートが当社にはある訳ですね。




■久しぶりに営業募集しています

→ http://goo.gl/2QcFrd


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html