本を正しく読めると、

それは成果に繋がります。


例えば、今、

物件を物凄く買っている人がいる反面、

全く物件を買えていない人もいて、

完全に買っている人と、

買いたいけど買えない人に、

不動産市場は二分されています。


多くの人が不動産を買いたがっていますが、

買えない人と、めっちゃ買っている人に

別れている訳です。


これはなぜこんな事が起きているのか?というと、

今、不動産を買っている人は、

まず、「不動産を買うぞ!」

という意思が強い人です。


ちょっと優良な物件があれば、

買ってみようかな?

と思っている人は不動産を買えていません。


これが不動産を買えている人と、

不動産を買えない人の大きな違いだったりします。


年収が低過ぎたり、

自己資金が少な過ぎたりすると、

いくら気持ちが強くても

物理的に買えませんが、

普通以上の年収で、

ちゃんと貯金を持っている人は、

進み方の遅い速いはありますが、

「不動産を買うぞ!」

という強い気持ちがあれば

実際に物件を買っています。


実は、こんな感じの違いを見つけると、

それが自分を成功に導いてくれる、

道しるべになったりします。


どういう事か?というと、

例えば、今、不動産投資の勉強をしたくて、

本を読んでいるとします。


そうやって本を読んでいると、

「良い話だな!」

という感想を持ったとしても、

それで終わってしまう人もいる訳です。


しかし、例えば、本を読んでいる本人が、

ずっと物件を買えずにいたとしたら、

「自分と著者とでは何が違うのか?」

という、その違いを徹底的に

調べ上げるのです。


そして、自分が出来ていない事と、

本の著者が出来ている事を

書き出してみる訳です。


そうする事によって、

自分が出来ていなかった事や、

やれば出来る事なのに、

やらないでいる事が出てくる訳です。


世の中には結果を出している人もいれば、

結果を出していない人もいます。


それは不動産投資だけでなく、

色々な分野において言える事です。


例えば、ダイエットをしようと思ったら、

ライザップに行けば、

かなり高確率で痩せられると思いますし、

起業しようと思ったら、

カンブリア宮殿などを見て、

成功している企業家の話を聞くべきです。


ダイエットに限って言うと、

ライザップに行けば、

日々のトレーニングから、

食事管理まで徹底して

教えてくれると思いますが、

その食事やトレーニングが、

今の痩せられていない自分と、

痩せる人の違いな訳です。


不動産投資も一緒で、

物件を買えている人と自分とでは、

やっている事、

つまり日々の行動が違うと思います。


だからこそ、本を読んだとしても、

「ああ、良い本だったな!」

「いつか自分もこんな風になれたら良いな!」

という風に読むのではなく、

「自分との違いはどこにあるのか?」

と考えながら読まないと

いつまで経っても成功出来ない訳ですね。


成功したいのであれば、

成功している人の真似をして、

成功している人がやっている事を

自分もやっていかないと、

いつまで経っても成功出来ません。



■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html