昨年末くらいから不動産投資は、

融資が付きにくくなり、

これから不動産投資に

参入出来る人が少なくなる可能性もあります。


事実、ある条件に当てはまる不動産価格は、

下落している物も出ているからです。


では、みんな、これからは

不動産投資が出来なくなってしまうのでしょうか?


また、融資が付きにくくなると言うことは、

当社のような売買仲介をしている会社は、

業績が著しく落ちるのでしょうか?


これは投資家も不動産会社も、

今まで以上に頑張らなければ、

融資が付かない訳で、

頑張らない投資家と、頑張らない業者は淘汰されて、

一生懸命頑張る投資家と、

一生懸命頑張る業者は、

より一層、どちらもひとり勝ち状態になると思うのです。


というのも、頑張るというのは、

何を頑張るのか?ですが、

これは物件を探してくるのは、

業者が頑張る事で、

融資先を投資家と業者が一体になって、

どんどん開拓していく訳です。


融資が付きにくくなると言う事は、

買える人が少なくなるので、

融資さえ付けられれば、

今までよりももっと良い条件で不動産投資が出来ます。


だからこそ、融資が厳しくなる事は、

歓迎される事で、

より良い条件で不動産投資が出来る可能性が上がるのです。


では、そんな時に頑張れる人はどんな人なのでしょう?


厳しい環境になればなるほど、

頑張れる人は、これは情熱的に物事に取り組み、

絶対に諦めない人です。


新年明けてから、目標を立てた人も多いと思います。


そんな中で、目標を達成する人もいれば、

目標を達成出来ない人もいるでしょう。


その両者の違いは何か?というと、

答えは簡単で、絶対に諦めないという気持ちと、

それをやり遂げる情熱がある人ですね。


私は成功している不動産投資家も、

そうで無い不動産投資家も見ていますし、

売れる不動産営業マンも、

売れない不動産営業マンも数多く見てきています。


どちらも、成功している人は

自分の夢や目標を絶対に諦めないですし、

情熱的に物事に取り組んでいる人が成功していきます。


反対に、適当に物事に取り組み、

上辺だけで、「成功したいです!」

と言っているだけの人は、

これだけ人を見て来ていると、すぐに見ればわかりますね。


なので、本気で、心の底から成功したいのであれば、

「絶対に絶対に成功する!」と、

不動産投資家も不動産の営業マンも

本気で思った人間だけが、

これからの融資が厳しくなりそうな

不動産投資の環境下では生き残れますし、

その生き残る投資家と、

不動産営業は、どちらも圧倒的な結果を残していくでしょう。


という事で、昨年末辺りから、

確実に融資が厳しくなり、

これからもその傾向は強まる気がします。


そんな中では、

今まで簡単に融資が付けられていた不動産投資家、

不動産業者は、とにかく融資先を

探せた者が生き残っていくと思います。


また、生き残った不動産投資家と、

不動産業者は、不動産価格が安くなり、

それを融資さえ付けられれば

競争無く買える訳で、

かなり圧倒的な結果が残っていきそうですね。




■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■生放送が見れるFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html