先日、プレジデントさんの取材を受けて、

今回で3回目か4回目の

プレジデントさんへの掲載になります


その取材の中で、

今年に入ってからの不動産投資はどうですか?

という質問があったので、

今日は今年の不動産投資の特徴を

解説しようと思います。


今年は融資が絞られて、

物件価格が下がって来ています。


それは買える人が限られるからで、

今年は昨年よりも面白い

投資が出来る可能性が高いです。


今年の不動産投資の特徴は2つで、

融資と地域格差です。


融資が昨年よりも付かないので、

融資を付けられたら

昨年よりも莫大な利益を出せる投資が

出来る可能性が高いです。


それは他の人が買えない物件を

融資さえ付けられれば

高利回りで買えます。


なぜ高利回りになるのか?というと、

融資が付かない=買える人が少なくなる

という図式になるからです。


物の値段は需要と供給の関係で決まりますが、

不動産も例外ではなく、

買える人が少なくなると

売りたい人の数は変わらないので、

利回りは必然的に上がる訳です。


つまり、他の人が融資が付かない物件を

融資を付けられるだけで、

昨年よりもキャッシュフローが出る投資が

出る可能性がある訳です。


そして、次に地域格差です。


東京で年収1000万円の人は非常に多く、

あまり目立ちません。


年収1億とかあるとさすがに

東京でも目立ちますが、

年収1000万円は東京ではうじゃうじゃいます。


しかし、これが地方に行くと、

年収1000万円の人は非常に少なくなります。


銀行は東京でも地方でも、

ノルマがあってお金を貸したいのです。


同じ銀行内でも東京の支店は

年収を3000万円と設定していても、

これが地方の支店であれば、

年収1000万円でも全然

融資の土俵に乗ってくる可能性がある訳です。


これが地域格差で、

今年は東京に住んでいる年収1000万円の人よりも

地方に住んでいる年収1000万円の人の方が

地方の支店を使える可能性があり、

有利に不動産投資を進められる

可能性が高い訳ですね。


ということで、2017年の

今年の不動産投資の特徴は、

融資と地域格差です。


融資が付けられれば有利なのと、

地方に住んでいた方が有利…

ということですね。


まあ、それでも東京に住んでいるから

絶対に不利か?というと、

それもちょっと違っていて、

東京に住んでいると銀行が多い訳で、

打診出来る銀行が多いと、

それだけトライ出来るチャンスが増えるので、

まあ、行動力がある人は、

東京に住んでいても地方より

有利な可能性もありえます。


まあ、どれだけ動けるのか?という

行動力が東京に住んでいる人は、

成果を分けるかもですね。



■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■直近のセミナーはこちら
→ https://goo.gl/bRtQZ5


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■生放送が見れるFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html