目的を達成するのは、

その目的をやる!できる!と

決めた時だ!と私はメルマガを通して

いつも言っています。


目的をやる!できる!と決めると

その決めた時点で、

目的の90%、目的は達成されている…

と言って良いほどです。


やる!できる!と決めたなら

あとはそれを実行するだけだからです。


このメルマガを読んでいる人で

「うさぎとカメ」

の童話を読んだことがある人は

多いと思います。


うさぎとカメが競争をして、

どちらが早く目的地に着けるか?を

競った話です。


結局、寝てしまったうさぎが

ずっと動き続けたカメに負けてしまう…

ということなのですが、

これはなぜ、うさぎはカメに負けたのでしょう?


「それは寝てしまったからだ!」

と単純に考えることも出来ます。


ですが、実力的に完全にうさぎが

カメよりも速いのは明らかです。


でも、遅いカメが勝ってしまった。。。


これは、うさぎとカメの目的が

そもそも違っていたのかもしれません。


うさぎの目的はカメよりも

速いことを見せつけるためで、

目的地に行くに速く着くことは

あまり興味がなかったのかもしれません。


そして、途中で少し休んでいたら、

本当に寝てしまって、

負けてしまったのかもしれません。


一方、カメの目標は、

うさぎよりも速く目的地に着くことで、

それだけを目的に頑張ってから、

本来、速いはずのうさぎよりも

速く目的地に着いたという結果になったと

私はそう思うわけです。


この話は不動産投資に、

かなり当てはまってきます。


そこまで年収も高くなく、

自己資金も限られている人でも、

コツコツ物件を探して、

融資も苦戦するけれども、

色々な金融機関に当たっていると、

少しずつですが物件を買えて行きます。


一方、年収が高く、

自己資金も豊富な人でも、

物件探しをしても買い付けを入れず、

融資も積極的に当たっていかなかったら、

これは物件を買えません。


駆けっこであれば、

「負けた〜」

で終わりますが、

不動産投資で成功すると、

実際に資産やお金を手に入れられます。


10億の不動産を、

しっかりとキャッシュフローが出るものを買えれば、

年間、2000万円のお金を

残せる可能性が出てきます。


もちろん、事業なので、

確実に2000万円残るわけではありません。


ですが、そうしてお金を残して、

会社を辞めて、

旅行に行ったり、

趣味に没頭したり、

そういうことをして

第二の人生をスタートしている人が

多いのも事実です。


だからこそ、やる!できる!と決めて、

あとは黙々と目的に向かって

やりきることが何よりも大切なことなのです。


また、不動産投資はその先に、

とても素晴らしい世界があるからこそ、

挑戦する価値のあるものなんですね。




■私の本のAmazonキャンペーンです。

→ http://toushifudousan.jp/amazon/


■峯島ともっと仲良くなる有料メルマガ

→ http://mnsm.jp/yur


■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■直近のセミナーはこちら

→ https://goo.gl/bRtQZ5


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→ http://mitoooya.jp/nin.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html