「物件情報を全て公開して欲しい…」

というご意見というか、

アドバイスを頂いたので、

そのお話をしようと思います。


不動産業者というのは、

一定数の非公開物件というものが

存在しています。


非公開物件というのは、

表に出していない物件で、

情報自体が出回っていません。


このような情報を公開すれば、

もっと人気が出て、

もっと当社にお客さんが来るだろう!

というご意見でした。


でも、これは絶対に出来ないお話です。


というのも、これは買い手側だけの意見であり、

売り手側のことを考えていません。


そもそもなぜ非公開情報が出来るのか?ですが、

物件を売っていることを

秘密にしたい売主もいるのです。


それはどんな売主なのか?というと、

例えば、管理会社に売却を秘密にして

物件を売却していきたい…

というケースです。


これは、管理会社に物件を売却していることを

話してしまうと、

管理会社との関係が悪化してしまい、

今までよりも管理が悪くなるのでは?

と思ってしまうオーナーが多いです。


まあ、全ての管理会社が

売却していることがわかった時点で、

管理が悪くなるのは言えませんが、

そういう可能性があるのであれば、

なるべく秘密裏に物件を

売却していきたい…

というのも人間心理な訳です。


他にも、地元の名士が物件を売却する際に、

物件を売りに出していると

他の人からわかってしまうと、

その人が別でビジネスをしている場合、

そのビジネスに悪影響を

及ぼすことも考えられます。


なぜなら、地元の名士とかであれば、

どの物件がその人の物件ということを

地元の人は知っていたりするからです。


そして、

「あの物件売りに出しているみたいだよ…」

という噂が立ち、

「あの人お金に困っているのかな?」

なんて噂が流れてしまうわけです。


これだけではなく、

色々な事情があって

物件を売りに出していることを

他人に知られずに、

こっそりと売却活動をしたい!

というニーズは一定数あるわけですね。


だからこそ、売主からの信頼を得るには、

全ての情報をオープンに出来ないという

事情があるわけです。


物件を買う投資家も

当社にとってはお客さんですが、

物件を売る売主も、

当社にとってはお客さんなので、

どちらのニーズも満たすには、

非公開情報は無くならないですね。


ちなみに、そんな非公開情報が

欲しい場合は、

当社に担当者を付けるのが1番です。


担当者を付ける場合は、

当社のセミナーか、私の無料面談、

当社のスタッフによる個人面談に

来て頂くと担当を付けられます。


当社のセミナー

→ https://goo.gl/bRtQZ5


私の無料面談や当社のスタッフによる面談

→ http://mitoooya.jp/nitt.html 



■私の本のAmazonキャンペーンです。

→ http://toushifudousan.jp/amazon/


■峯島ともっと仲良くなる有料メルマガ

→ http://mnsm.jp/yur


■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■直近のセミナーはこちら

→ https://goo.gl/bRtQZ5


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→ http://mitoooya.jp/nin.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html