学ぶことは非常に大事で、

学ぶことにお金を投資していくことは

非常に投資効率の良い物だと

私は思います。


その学びで1番投資効率が良いのは本で、

本をたくさん読んでいる人は、

成功する土台を作っている人です。


まあ、成功するには、

もう1つ、学んだことを実行する…

という大事なことがありますが、

今日はそれは置いておいて、

学びに対する投資の話をします。


本で学ぶことは非常に投資効率が良いことですが、

本を出版している人は、

その本を買って頂いた人に対して、

高額なコンサルを販売する人もいます。


これは著者から直接、

指導を受けられるので、

ショートカットになる可能性もあります。


ですので、使い方次第では、

そのコンサルフィーの元を取ってしまうことも

可能性はゼロではありません。


しかし、コンサルをしている人の中には、

「借金をしてでも高額コンサルを受けた方がいい…」

と促している人もいると聞きます。


これには私は断固反対で、

借金をしてまでコンサルを受けても、

コンサルフィーが取り戻せるとは思いません。


特に不動産投資の高額コンサルを受けたとしても、

借金を消費者金融などで借りてしまうと、

その後の融資に大きく響きます。


最悪、銀行融資が借りられなくなる

可能性すら出てくるわけです。


まあ、全部が全部、

そのような高額コンサル、

高額塾やスクールを販売している人が、

「借金をして入会しろ!」

と言っているわけではないと思います。


ですが、そう言っているコンサルタントなどがいれば、

これは100%中身のないもので、

とにかくコンサルフィーが欲しいだけの人…

ということが、融資の常識を考えれば、

わかると思います。


また、他の高額コンサル、

高額塾やスクールも、

借金をしてまで入るのは

お勧めできません。


というのも、借金をした時点で、

人間は余裕がなくなるわけで、

仮に30万円のコンサルなら、

それくらいは貯金をして入るべきですし、

そのくらいの貯金が出来ない人は、

無理に借金をしてまで

学ぶ必要はないと思うわけです。


それよりも、貯金がない人は

本をたくさん読んで学び、

そして、実際に不動産投資なり、

他のことで稼げるようになって、

そして、そのノウハウを提供している人が

信用できるなら高額なコンサルなどを

受けてみるのも良いと思うわけです。


ちなみに、私は高額コンサルなどは

ほぼ受けたことがなく、

唯一、入会しているのが川島和正さんの

川島塾くらいで、

それでもここまでやれているので、

本を読むのと実行力があれば、

まあ、普通の成功は出来ると思います。


不動産投資のコンサルや

高額なスクール、塾なども入ったことはないので、

不動産投資に関していうと、

やる気と根性と勉強だけあれば

そこそこの成功は掴めると私は思いますね。



■私の本のAmazonキャンペーンです。

→ http://toushifudousan.jp/amazon/


■峯島の有料メルマガ(お金持ちクラブ)

→ http://mnsm.jp/yur


■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■直近のセミナーはこちら

→ https://goo.gl/bRtQZ5


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→ http://mitoooya.jp/nin.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html