ここ最近ですが、

さらに融資の状況が

厳しくなっている感じがします。


不動産投資は融資が全てと

言っても過言ではありません。


融資が出なければ、

物件を買うことがそもそも出来ないからです。


その銀行融資は、

今年に入ってから、

確実に厳しくなっていますし、

ここ最近は、もっと厳しくなっている感じがします。


でも、厳しくなっているということは、

大きなチャンスだったりします。


私はメルマガで常日頃から言っていますが、

「融資が厳しくなると物件価格が下がる」

ということが起こります。


それは融資が厳しくなると、

物件を買える人が少なくなるので、

当然のことなのです。


物件が買いたくても買えない…

という状況が起こってしまう可能性が

出てくるわけですね。


そして、私が前々から言っていることですが、

特に自己資金が限られている人は、

融資が付く間に物件を買い、

実績を残すべきです。


お金が有り余っている人であれば、

融資が付かなくなってから

物件価格が下がってから

物件を買うのもアリだと思います。


しかし、融資を使ってしか

物件を買えない人は、

融資が付く間に物件を買わないと

物件が買えなくなってしまうわけですね。


そして、実績を残すことと、

リアルにお金を残すことをしておけば、

融資が厳しくなっても

物件を買える可能性が出て来ます。


これも、実際に融資を引いて

物件を買っている人から

ヒアリングしていることですが、

物件を買って結果を出していると、

銀行側から追加融資の話が出て来ます。


そういう人になれれば、

融資が厳しくなっても

融資を引ける可能性があるわけで、

だからこそ、今は物件を買う

ということはもちろん、

色々な金融機関と取引をして、

少しでも多くの金融機関で実績を残すことが

何よりも大事になるわけです。


ただ、融資が厳しくなっている…

というのは全体的な流れなのですが、

やはり、出ている金融機関は

全くゼロではないわけで、

だからこそ、その出ている金融機関を

探し出して、物件を買うべきなのです。


そんな感じで、

今はどんどん融資は厳しくなる

状況にあるのですが、

その状況でいかに物件を買うかが

融資がもっと厳しくなった時に

大事になりますね。


そして、もっと融資が厳しくなっても

融資が引ける人になれれば、

物件価格が安くなって、

他の人は融資が付かないけれども

自分は融資が付く…

という一人勝ち状態になれるわけで

だからこそ、今は重要な時期だと

言えるわけです。


1つでも多く物件を買い、

1つでも多くの金融機関を開拓することが

今後、不動産投資で大きな利益を出せるか?の

分かれ目になりますね。



■100万円プレゼント中(その後)

→ https://goo.gl/g957aR


■私の本のAmazonキャンペーンです。

→ http://toushifudousan.jp/amazon/


■峯島の有料メルマガ(お金持ちクラブ)

→ http://mnsm.jp/yur


■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■直近のセミナーはこちら

→ https://goo.gl/bRtQZ5


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→ http://mitoooya.jp/nin.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ http://mixer-ex.com/fx/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ http://mitoooya.jp/q.html