銀行から融資を受けて、

不動産投資をしていく…

という構図は今後はなくなっていく…

という可能性が高いのかもしれません。


1つは銀行が無くなる可能性もあり、

投資家は事業計画が良ければ

クラウドファンディングなどを通じて、

市場から直接、資金を調達することが

可能になってきています。


ただ、不動産に関していうと、

利回りが一般的な事業に比べて低く、

銀行が無いと、不動産投資としての

事業としてはクラウドファンディングでは

資金を集めづらいです。


今までは銀行がお金を貸すか

貸さないかで、不動産価格は

政府がコントロール出来ていました。


今後は銀行が不動産への融資を

絞っていくと考えると、

不動産価格が下落していって、

不動産投資としての事業として考えると、

今までよりも利回りが上がる事業に

なっていく可能性は長い目でみると

あり得ると思っています。


ただ、直近の不動産市場を見ると、

融資だけ付きにくくなって、

不動産価格は下がらない…という

変な相場を形成しています。


融資がまだ付く案件に限っていうと、

物件価格が全く下がらないか。

案件によっては物件価格が上がっていたりします。


融資が付きづらいこの時期に

融資が付くという事を武器に

物件価格を上げて販売しているわけです。


この状態を考えると、

今、融資が付く案件は割高な気がして、

買えれば買うというスタイルも、

よほど案件を吟味しないと

難しくなりつつあるわけです。


私がやはり面白いだろうなと思うのは、

これから出てくるであろう、

融資が付かない案件だと思っています。


ですが、銀行が今後、無くなってしまったり、

人工知能審査が増えていって、

不動産の流動性がもっと無くなってしまうと、

不動産をうることが難しくなっていくので、

色々と不動産を買うこと自体を

考えなくてはいけないのかもしれません。


スルガ銀行も会長が引責辞任すると

発表があったり、

東京三菱UFJ銀行が人気就職ランキングで、

11位になったりと

(大手メガバンクが10位以内に入らなかったのは13年ぶり)

とんでもなく銀行を取り巻く環境が

悪化しているのが事実だったりします。


キャッシュレス決済やAI導入による

リストラをこれから大きく掛けていくのが

銀行な訳で、

銀行がすぐに無くなることは無いでしょうが、

人材の流出であったり、

人が集まらない状態は避けられないわけで、

人が集まらない業界や企業は

衰退していく可能性が高いわけです。


そう考えると、これからは不動産業界も

この状態が続くと同じようなことが起こり、

銀行も不動産もどちらの業界も

壊滅的な状態になるかもしれないですね。


まあ、これは長い目で見て

そんな風に銀行の破壊が進んだら…

ということですが、

最近の流れを見ていると

あながち間違いでも無いのかもしれませんね。



PS:9月8日に大阪でもマイニングセミナーやります。

https://goo.gl/xjcx3D


PS2:6月30日に行われたマイニングセミナー動画

https://goo.gl/1tkQjy




■峯島の有料メルマガ(お金持ちクラブ)

→ http://mnsm.jp/yur


■みねしましゃちょー(YouTuberとしての峯島)

→ https://goo.gl/xcNEVJ


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

→ https://line.me/R/ti/p/%40mitoooya
LINE内で(@mitoooya)で検索でも出て来ます。


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ https://canyon-ex.jp/fx2064/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ https://canyon-ex.jp/fx2064/1