最近、捨てられる銀行という本を読みました。


不動産は銀行融資がでないと

買えないわけですが、

その銀行融資が今は出なくなりました。


その舞台裏には金融庁があり、

日本政府が最終的にはあるわけですが、

なぜ今回は融資が出なくなったのか?です。


問題は歴史を見直すところからなのですが、

元々日本の金融の問題は、

バブル崩壊があり、

その不良債権処理に何年も掛かりました。


これが融資が出る前の状態です。


そこに森長官が出てきて、

「もっと積極的に融資を出そう!」

という事になったわけです。


そこで出てきたのが、

スルガ銀行なのですが、

最終的には色々あって、

今の状況になったわけですね。


森長官が出て来た時には、

革新的と言われていたわけですが、

今はスルガ銀行の問題があり、

元々の不良債権処理をしていた保守派の人たちが、

健全化路線を取ったわけです。


要するに、金融庁の派閥争いが

そこにはあるんじゃないかな?

と考えられるわけですね。


公務員の方と私も話す事がありますが、

公務員は上の命令は絶対なので、

そこは覆せないんですね。


森長官がやって来たことは、

私は良いことだと思います。


少なくとも、不良債権を

出さないことだけしている銀行があったので、

失われた10年とか20年と言われるわけです。


その方針でいくと、また失われた何年が始まるかもですね。



■峯島の有料メルマガ(お金持ちクラブ)

→ http://mnsm.jp/yur


■みねしましゃちょー(YouTuberとしての峯島)

→ https://goo.gl/xcNEVJ


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■当社のFacebookページです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■LINE@はこちら

→ https://line.me/R/ti/p/%40mitoooya
LINE内で(@mitoooya)で検索でも出て来ます。


■自己資金が作りたい人向けの裏メルマガ

→ https://canyon-ex.jp/fx2064/8


■水戸大家へのご質問はこちらから
(スタッフが確認しています)

→ https://canyon-ex.jp/fx2064/1