格安の事業で儲けられる人は、

あと3年頑張った人だけです。


というのも、先日の記事で、

格安SIM代理店の収益構造は、

不動産投資や不動産の管理会社に

似ているという記事を書きました。

http://mitoooya.com/archives/52543091.html


毎月の安定した通信料を徴収するので、

そこから入ってくるお金から

一定金額を報酬として受け取る

代理店行は、不動産に近い報酬だということです。


しかし、格安SIMには期限があります。


それはやりやすい時期と言い換えた方がいいです。


どういうことか?というと、

今の格安SIM市場は、

アフリカに靴を売りに行っているのと

同じような感覚です。


みんな靴を履いていないところに

靴を買いませんか?と

声をかけていく感覚です。


まあ正確には、靴を履いてはいるのですが、

その靴が大手3大キャリアの物で、

高額な靴をはいている状態です。


しかし、格安は、ほぼ同じ品質のものを

安く提供できるサービスです。


そして、これがまだ世の中には浸透していません。


ここでよく考えてください。


今、みんなが使っているものが高額で、

どう品質のものが安く提供できるなら、

単純に「安くなるよ」と言えば、

多くの人に買ってもらえます。


しかし、格安が浸透すればするほど、

この「安くなるよ」

という声掛けが出来なくなってしまうのです。


例えば、格安大手の楽天モバイルですが、

ここは確実にこれからもシェアを伸ばしていきます。


それは莫大な宣伝広告費を背景に

バンバンシェアを拡大できるからです。


では、多くの人がそういう

宣伝広告費によって、

格安SIMに変わったとします。


これは多くの人が安くなってしまったので、

乗り換えになってしまいます。


ここで困ったことが起きて、

安くなるよ!と言って

契約を取っていたのが、

契約を取れなくなってしまうのです。


だからこそ、格安の代理店業をやるなら

実は今しかないのです。


明日やろうは馬鹿野郎、

いつかやろうは大馬鹿野郎と言いますが、

まさにこれで、

不動産投資も同じことを言っていた人が多く、

そういう人に限って、

「あの時やっていれば…」

と言っている人が多かったりします。


人間は死ぬ間際に後悔することの1位が、

やらないかった後悔だそうで、

これはもう取り返しが付かないことなので、

ご注意ください。


ちなみに、あと3年頑張って、

安定収入を確保した人は、

まあ、乗り換えする人も少ないので、

安定して通信費から報酬が入ってくるので、

そこまで頑張って実績を残した人は、

かなり美味しいですね。


■格安スマホ無料面談
(最新の状況)

http://mitoooya.com/archives/52534990.html


■格安SIMに乗り換得たい人はこちら

http://mitoooya.com/archives/52541826.html


■峯島の有料メルマガ(お金持ちクラブ)

→ http://mnsm.jp/yur


■みねしましゃちょー(YouTuberとしての峯島)

→ https://goo.gl/xcNEVJ

■みねしましゃちょーのツイッター

https://twitter.com/mineshimasyacho


■24万人以上が読んだ不動産投資教材です。(無料)

→ http://mnsm.jp/bmky.html


■水戸大家さんのFacebookページ
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■みねしまのFacebook

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■みねしまのインスタ

https://www.instagram.com/mineshimashacho/


■LINE@はこちら

→ https://line.me/R/ti/p/%40mitoooya
LINE内で(@mitoooya)で検索でも出て来ます。


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ https://canyon-ex.jp/fx2064/1