タグ:低利

ブログネタ
本気で成功したい! に参加中!
ブログランキング、1日1回クリックしてください。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

私、水戸大家も出版協力させて頂いた本がアマゾンキャンペーン中です(PDFチェックリスト配布中)

第7回水戸大家の会 予約受付中です


■サラリーマンの仕事がお休みなので、プチ専業大家中です。

時間がある時こそ、上手く時間を使えなかったりします。

長期の休みの中で、感じています。



■お盆休みなんですが、不動産の話題には事欠きません。

情報を発信すると、情報が集まってくるとよく言われますが、
本当なんだと確信している次第です。

私の場合、毎日の愚直なまでの情報発信を
これからも続けていきたいと思います。




■さて、お盆休み中は情報発信ばかりでなく、情報のインプットもしております。

昨日の記事に書いた不動産系の本も何冊か読みましたが、
一番印象に残ったのは、違うジャンルの本ですね。

一番面白かったのが橘玲さんの
貧乏はお金持ち──「雇われない生き方」で格差社会を逆転する

です。

例えば、サラリーマン法人を作って、
サラリーマンでありながら会社と雇用契約ではなく
業務委託契約を結び、法人特有の性質を利用して節税するお話。

これは、サラリーマンなんですが、
法人化して法人の役員報酬と個人の所得控除を
上手く組合せるという事で成り立ちます。

ま〜雇っている会社が納得すれば…
という条件は付きますが、面白いお話です。

ちなみにサラリーマンとの兼業大家さんは、
何かしらヒントになります。

あとはある制度を利用して、年利0.37%で資金調達するお話。

例えば、本文中にも書いてありましたが、
1000万借りても(単利計算だと)
僅か年間37000円の利息しか、掛かりません。

こういう制度を知っていれば、
限りなくタダに近い利息で資金調達が出来てしまいます。

今の資本主義社会、情報化社会は知っていれば儲ける事
ができますが、知らないと1円も入ってきません。

ですから、何かを知っているだけでお金が増えていく…
そんな世の中である事は間違いないです。

そして、その情報の使い方も、もちろん大事な事には違いありません。


ブログランキング、1日1回クリックしてください。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

私、水戸大家も出版協力させて頂いた本がアマゾンキャンペーン中です(PDFチェックリスト配布中)

第7回水戸大家の会 予約受付中です



水戸市のサラリーマン大家さん

ブログネタ
不動産投資のノウハウ に参加中!
ブログランキング、1日1回クリックしてください。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

私、水戸大家も出版協力させて頂いた本がアマゾンキャンペーン中です(PDFチェックリスト配布中)

第7回水戸大家の会 予約受付中です


■サラリーマンの仕事がお休みなので、プチ専業大家中です。

そんなプチ専業大家も3日目なのですが、
今日も政策金融公庫に行ったり、金融機関巡りをしたりと、
朝から精力的に動いています。

基本的にカレンダー上お休みでなく、会社が休みの日は
金融機関に行く事が多いです。

その時に何をするかというと、担当者とお話する事もありますし、
お金の簡単な引き落とし等だけをしに行く事もあります。

簡単な作業だけでも、窓口が開いている時に行く事の意味は、
担当者が良い情報を持っている事がたまにあり、
そんな時は向こうから顔を見ただけで話かけてくるからです。

これも日頃の人間関係が大事なのですが、
そういう事もありますので、人間関係の構築と、
小まめな顔出し(営業)が大事なんです。



■ちなみに政策金融公庫に行ったのですが、
理由として2回目の融資を実行してもらうために行きました。

詳しく書くと、今回の新規物件購入に当たって、
2回に分けて融資が実行されています。

簡単に政策金融公庫の制度を書くと、
不動産を担保にして融資を引き出す場合、先に所有権の移転が必要です。

つまり、決済を先に行い、その後に抵当権を設定してから融資が実行されます。

どういう事かというと、一回現金で決済する必要があるわけです。

しかし、私の場合、手持ちの現金で決済するには少し足りませんでした。

そこで、どうしたのかというと、他の所有物件で無担保の物件に抵当権を付け
半分くらいの融資を実行し(半分くらいの現金は持ってました)
全て込みのオーバーローンでの融資を実行してもらいたかったので、
新規物件の所有権移転後に新規物件に抵当権を付けて残りを
出してもらうというような方法をとっています。

それで、今は新規物件の所有権移転が終わった事を
政策金融公庫に告げに行ったのです。
(これから抵当権を付けて2回目の融資実行となります)

ま〜色々と複雑な融資体系なのですが、長期固定、低金利という恩恵は受けられるので、
その分の手間賃だと受け止めています。

また、上の条件さえクリアできれば、絶対に普通の金融機関が出さない案件
(ソシアル系、風俗ビル、再建築不可、違法建築)
等も、融資の可能性がある(絶対ではないですよ)ので、
選択の幅が広がるのは間違いないですね。

超高利回りの訳有り物件に、超低利の政策金融公庫でお金を借りて
賃貸に出す…
という、恐ろしいイールドギャップが生まれる投資が創造出来るのかもしれません。

投資で一番恩恵を受けられるのは、
低利で借りて、高利で回す事
だと思います。


ブログランキング、1日1回クリックしてください。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら

私、水戸大家も出版協力させて頂いた本がアマゾンキャンペーン中です(PDFチェックリスト配布中)

第7回水戸大家の会 予約受付中です



水戸市のサラリーマン大家さん







PRESIDENT (プレジデント) 2016年4/4号
プレジデント社
2016-03-14



PRESIDENT (プレジデント) 2016年1/18号
PRESIDENT (プレジデント) 2016年1/18号 [雑誌]
プレジデント社
2015-12-28



ダイヤモンドZAI(ザイ) 2016年 02 月号 (2016年株全予測&儲け方)
ダイヤモンドZAI(ザイ) 2016年 02 月号 (2016年株全予測&儲け方) [雑誌]
ダイヤモンド社
2015-12-21



Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊
Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊 [雑誌]
扶桑社
2015-12-12



BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2015年 12 月号 [雑誌]

BIG tomorrow
( ビッグトゥモロー )
青春出版社
2015年 12 月号

に掲載されました。
週刊エコノミスト・2015年 11/3号


週刊エコノミスト
2015年 11/3号

に掲載されました。
SPA!(スパ!) 2015年 9/8 号 [雑誌]


SPA!( スパ! )
2015年 9/8 号

に掲載されました。
マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣


マネー&フリー
僕らが楽して大儲けした
57の秘訣

に掲載されました。
朝日新聞

朝日新聞
に掲載されました。
満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略

満室大家さん
12人の極意を盗め!
不況に強い「不動産経営」
50の戦略

に登場しました。
人生マル得不動産経営のススメ―『夫婦円満』『楽しく資産を増やす』10人のサクセスウーマンが実践する!

人生マル得不動産経営の
ススメ―『 夫婦円満 』
『 楽しく資産を増やす 』
10人のサクセスウーマンが
実践する!

の中で推薦文を書いています。
年収350万円以下で金持ちサラリーマンになる方法

年収350万円以下で
金持ちサラリーマンに
なる方法

に登場しました。
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方―家賃0円で高級マンションに住みながら資産を築く方法とは?

あと5年で会社を辞めて
豊かに暮らす仕組みのつくり方
―家賃0円で高級マンションに
住みながら資産を築く方法とは?

に登場しました。
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2009年 12月号 [雑誌]

BIG tomorrow
(ビッグ・トゥモロウ)
2009年 12月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
ビジネスチャンス別冊 家主と地主 Vol.31

ビジネスチャンス別冊
家主と地主 Vol.31
2010年 08月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
月刊 ビジネスチャンス 2010年 09月号 [雑誌]


月刊 ビジネスチャンス
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
NET M@NEY (ネットマネー) 2010年 09月号 [雑誌]


NET M@NEY ( ネットマネー )
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
今までの記事
水戸大家に連絡する
* メールアドレス
* 名 前

* お問い合わせ
内容


* すべてご記入の上、送信ください。

↑このページのトップヘ