タグ:個人

ブログネタ
気になったニュース に参加中!
ブログランキング、1日1回クリックして下さい。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら


無人島を個人で貸し切って、住めるようにするには、10億ドルくらいかかうそうです。

無人島


以下、ニュース引用。

--------------------

無人島所有の夢、最低条件は資産10億ドル?―中国
2009年06月16日15時05分 / 提供:Record China

写真拡大
15日、無人島を「プライベートアイランド」として所有したいという多くの中国人富豪の夢は、予想以上の高額費用だけでなく、行政による無秩序な管理制度に阻まれているという。写真は無人島からリゾートアイランドに生まれ変わった海南省の分界洲島。2009年6月15日、無人島を独自に開発し、「プライベートアイランド」として所有する夢を持つ富豪が中国には多く存在している。しかしこうした願望は、予想以上の高額費用だけでなく、行政による無秩序な管理制度に阻まれているという。「西門子論壇」が伝えた。
中国には現在、面積500平米を超える島が6961カ所あり、そのうちの約94%が無人島だという。朱仁民(ジュー・レンミン)さんは96年、浙江省北部海域にある無人島「蓮花島」を40年間無償で借り受ける契約を現地政府と結んだ。無償で成約したのは、朱さんの投資で荒れ果てた蓮花島を開発しようとの狙いを現地政府が持っていたからだ。
【その他の写真】
その後13年間、朱さんは蓮花島に合計2300万元(約3億4500万円)を投資。島内に十数棟の住居を建設し、海岸沿いには羅漢像を飾るなど、地元でも有名なプライベートアイランドになった。しかし実際には、配備した電線は悪天候や地元漁民によりたびたび切断され、敷設した水道も止まるなど、長期滞在はできない状態に陥っている。
朱さんをさらに悩ませているのは、地元政府の態度だという。中国では孤島の管理制度や規律が明確に定められておらず、各地区政府が独自に管理細則を決めており、無秩序状態に近い。こうした苦労の経験から朱さんは「10億ドル以上の資産がないならプライベートアイランドを持つべきではない。無限の苦労を背負い込むだけだ」と自嘲気味に話している。(翻訳・編集/HA)

--------------------

このお話は、上手くやると凄い事が出来るかもしれませんね。

世界のお金持ちを相手に、無人島を開発して転売をかける…


なんて、無理でしょうかね? ^^;

医療や教育といった、施設もすべてプライベート施設として、スタッフも常駐で雇ってしまう…

買う人がいないかな… 笑

ブログランキング、1日1回クリックして下さい。

今、何位でしょう?↓
人気ブログランキングへ


水戸大家の物件情報


ブログより凄い情報が手に入るメルマガはこちら




水戸市のサラリーマン大家さん

ブログネタ
不動産投資のノウハウ に参加中!
皆さんこんばんは。


水戸大家です。


20位くらいまで上がりました↓
人気ブログランキングへ

ヒロシさんに抜かれてます…2位です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

健美屋↓


新設水戸大家書店試験運転中


■ご連絡

昨日から、ブログへのコメントが書き込めません…

なので、書き込めるようになったら、まとめてお返事返します。

たまにライブドアブログは調子悪くなります…

あしからず^^;















さて、先日とある方から


「物件を買う時は、法人と個人どちらが良いの?」


という質問を受けました。

(ご本人の許可を得ていないので、とある方としておきます。とても良いご質問だったので皆さんでシェアしたいと思います。)


基本的な考え方として、法人で物件を買うメリットと言えば、「節税」に尽きると思います。


たしか、課税所得が 9百ウン十万(正確な数字は忘れました^^;)あると、法人化での節税のメリットが出たんだと思います。

※私は税理士ではないので、詳しくは税理士の方に聞いて下さい。


他には、ゴンさんのブログに書いてあるように、自主管理としての責任の所在のあり方についても考えさせられます。

(この場合は管理会社といての法人立ち上げですね。この辺のお話も直接ゴンさんのブログを見てください。)


と、メリットとしてはこのような感じでしょうか?


他にある方はコメント下さい。

(皆さんでご意見をシェアできればさらに良いと思います。思わぬ利点が見つかるかもしれません)






デメリットとしては、立ち上げたばかりの法人ではなかなか融資が引きづらいとか


個人→法人に成る時に、物件の個人→法人の売却が発生し、不動産取得税が発生してしまう  とかでしょうか?


私も法人化については知識が深いわけではありません。


ですから、こちらもご意見ある方はコメント下さい。


ご質問された方からは許可を得ていませんが、ここでもっと深いご意見が聞ければと思い、またブログ読者さんとその情報をシェア出来ればと思い書いてみました。













さて、また新しい本を読んでいます。


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)



この前読んでいた


世界連鎖恐慌の犯人 (Voice select)


を読んで、日本の置かれている状況をもっと深く知ってみたいと思ったから読んでみました。


まだ途中までしか読んでいませんが、日本は危機にさらされているのかもしれません…


読み終わったら、また感想書きます。


20位くらいまで上がりました↓
人気ブログランキングへ

ヒロシさんに抜かれてます…2位です↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ

健美屋↓


新設水戸大家書店試験運転中



※ちなみに16人までしか作れませんでした。
 ここにいない場合はコメント下さい。
 多かった人がいれば次回にエントリーさせます。



水戸市のサラリーマン大家さん










PRESIDENT (プレジデント) 2016年4/4号
プレジデント社
2016-03-14



PRESIDENT (プレジデント) 2016年1/18号
PRESIDENT (プレジデント) 2016年1/18号 [雑誌]
プレジデント社
2015-12-28



ダイヤモンドZAI(ザイ) 2016年 02 月号 (2016年株全予測&儲け方)
ダイヤモンドZAI(ザイ) 2016年 02 月号 (2016年株全予測&儲け方) [雑誌]
ダイヤモンド社
2015-12-21



Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊
Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊 [雑誌]
扶桑社
2015-12-12



BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2015年 12 月号 [雑誌]

BIG tomorrow
( ビッグトゥモロー )
青春出版社
2015年 12 月号

に掲載されました。
週刊エコノミスト・2015年 11/3号


週刊エコノミスト
2015年 11/3号

に掲載されました。
SPA!(スパ!) 2015年 9/8 号 [雑誌]


SPA!( スパ! )
2015年 9/8 号

に掲載されました。
マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣


マネー&フリー
僕らが楽して大儲けした
57の秘訣

に掲載されました。
朝日新聞

朝日新聞
に掲載されました。
満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略

満室大家さん
12人の極意を盗め!
不況に強い「不動産経営」
50の戦略

に登場しました。
人生マル得不動産経営のススメ―『夫婦円満』『楽しく資産を増やす』10人のサクセスウーマンが実践する!

人生マル得不動産経営の
ススメ―『 夫婦円満 』
『 楽しく資産を増やす 』
10人のサクセスウーマンが
実践する!

の中で推薦文を書いています。
年収350万円以下で金持ちサラリーマンになる方法

年収350万円以下で
金持ちサラリーマンに
なる方法

に登場しました。
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方―家賃0円で高級マンションに住みながら資産を築く方法とは?

あと5年で会社を辞めて
豊かに暮らす仕組みのつくり方
―家賃0円で高級マンションに
住みながら資産を築く方法とは?

に登場しました。
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2009年 12月号 [雑誌]

BIG tomorrow
(ビッグ・トゥモロウ)
2009年 12月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
ビジネスチャンス別冊 家主と地主 Vol.31

ビジネスチャンス別冊
家主と地主 Vol.31
2010年 08月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
月刊 ビジネスチャンス 2010年 09月号 [雑誌]


月刊 ビジネスチャンス
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
NET M@NEY (ネットマネー) 2010年 09月号 [雑誌]


NET M@NEY ( ネットマネー )
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
今までの記事
水戸大家に連絡する
* メールアドレス
* 名 前

* お問い合わせ
内容


* すべてご記入の上、送信ください。

↑このページのトップヘ