タグ:宮古島不動産

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮ったので

そのご案内です。


今日の動画は 

「レバレッジを効かせられる本当のメリットとは」

です。


不動産投資のメリットはレバレッジを

利かせられる事でります。


では、レバレッジを利かせられる事の

本当のメリットは何でしょうか?


テリー伊藤のマル金ライダー8、

39回目の放送は漫画家の粟田彩子さんです。

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮ったので

そのご案内です。


今日の動画は 

「銀行は個人のどこを見てくるか」

です。


銀行は個人と物件の両方を審査して

最終的な融資の合否を出します。


それでは個人の方では、

銀行はどこを見てくるのでしょうか?


本を正しく読めると、

それは成果に繋がります。


例えば、今、

物件を物凄く買っている人がいる反面、

全く物件を買えていない人もいて、

完全に買っている人と、

買いたいけど買えない人に、

不動産市場は二分されています。


多くの人が不動産を買いたがっていますが、

買えない人と、めっちゃ買っている人に

別れている訳です。


これはなぜこんな事が起きているのか?というと、

今、不動産を買っている人は、

まず、「不動産を買うぞ!」

という意思が強い人です。


ちょっと優良な物件があれば、

買ってみようかな?

と思っている人は不動産を買えていません。


これが不動産を買えている人と、

不動産を買えない人の大きな違いだったりします。


年収が低過ぎたり、

自己資金が少な過ぎたりすると、

いくら気持ちが強くても

物理的に買えませんが、

普通以上の年収で、

ちゃんと貯金を持っている人は、

進み方の遅い速いはありますが、

「不動産を買うぞ!」

という強い気持ちがあれば

実際に物件を買っています。


実は、こんな感じの違いを見つけると、

それが自分を成功に導いてくれる、

道しるべになったりします。


どういう事か?というと、

例えば、今、不動産投資の勉強をしたくて、

本を読んでいるとします。


そうやって本を読んでいると、

「良い話だな!」

という感想を持ったとしても、

それで終わってしまう人もいる訳です。


しかし、例えば、本を読んでいる本人が、

ずっと物件を買えずにいたとしたら、

「自分と著者とでは何が違うのか?」

という、その違いを徹底的に

調べ上げるのです。


そして、自分が出来ていない事と、

本の著者が出来ている事を

書き出してみる訳です。


そうする事によって、

自分が出来ていなかった事や、

やれば出来る事なのに、

やらないでいる事が出てくる訳です。


世の中には結果を出している人もいれば、

結果を出していない人もいます。


それは不動産投資だけでなく、

色々な分野において言える事です。


例えば、ダイエットをしようと思ったら、

ライザップに行けば、

かなり高確率で痩せられると思いますし、

起業しようと思ったら、

カンブリア宮殿などを見て、

成功している企業家の話を聞くべきです。


ダイエットに限って言うと、

ライザップに行けば、

日々のトレーニングから、

食事管理まで徹底して

教えてくれると思いますが、

その食事やトレーニングが、

今の痩せられていない自分と、

痩せる人の違いな訳です。


不動産投資も一緒で、

物件を買えている人と自分とでは、

やっている事、

つまり日々の行動が違うと思います。


だからこそ、本を読んだとしても、

「ああ、良い本だったな!」

「いつか自分もこんな風になれたら良いな!」

という風に読むのではなく、

「自分との違いはどこにあるのか?」

と考えながら読まないと

いつまで経っても成功出来ない訳ですね。


成功したいのであれば、

成功している人の真似をして、

成功している人がやっている事を

自分もやっていかないと、

いつまで経っても成功出来ません。



■久しぶりに営業募集しています。

→ http://goo.gl/2QcFrd


■その他、各部署で求人しています。

→ https://goo.gl/VUbYcb


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮ったので

そのご案内です。


今日の動画は 

「様々な物件タイプを買う理由」

です。


どんな物件を買った方が良いですか?

という質問は多いですが、

複数持つ場合は、色々なタイプの

物件を持つべきです。


その理由とは?


水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮ったので

そのご案内です。


今日の動画は 

「住宅ローンを借りていても、不動産投資はできるのか?」

です。


よく、住宅ローンを組んでいる人でも

不動産投資は出来ますか?

という質問を頂きます。


では、住宅ローンがある人は

不動産投資が出来るのでしょうか?


水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「不動産投資で月10万円増やす難易度はどれくらいですか?」

です。


不動産投資で月に10万円の

余剰金を稼ぐ難易度は

どれくらいなのでしょうか?


今、会社内をどんどん改革していて、

色々と部署で人を増やす事になりました。


営業職は、すでに募集を開始していて、

入社2名、内定5名を出していますが、

これからもまだまだ増やしていく予定です。


営業社員の募集

→ http://goo.gl/2QcFrd


では他に、どんな部署で求人をしているのか?というと、

事務スタッフと管理業務のスタッフです。


事務スタッフに関しては、

すでに3名が働いてくれていますし、

私の秘書が事務業務も兼任しているので、

4名が事務作業を行っています。


この人数を10人くらいに拡充する予定で、

一般的な求人もバンバン打っていきます。


それから、管理業務のスタッフも、

今は7名が働いてくれていますが、

これも10名から15名態勢で

行っていく予定です。


営業に関して言うと、

今、全員で12名なのですが、

これは20名から30名態勢にしていきます。


では、なぜ私はここに来て、

人を増やしていこうと思ったのでしょうか?


基本的に、会社は社長が頑張って働き、

その分だけ成長すると思っていて、

だからこそ、私は人の倍働くことを

自分に課してここまでやってきました。


ただ、昨日、放送されたマル金ライダーの

鈴木さんの収録に立ち会ってから、

考え方がかなり変わりました。


昨日放送のマル金ライダー8

→ https://youtu.be/3WAf5I16gkU


鈴木さんは造園業の2代目で、

お父さんの事業を継承し、

自分で仕組みかして会社を大きくし、

そして、最終的には会社の売却を果たして、

今はドバイに移住しています。


ここで鈴木さんから学んだ事は、

「社長が働かない会社を作る」

です。


私は会社の社長は働いてなんぼだと思って、

どんどん自分が先頭に立って

働いてきましたが、

それは同時にリスクではないか?と

考えるようになっていた訳です。


社長がバリバリ働いて、

会社の業績は良くなっても、

それはそれで良いのですが、

仮にそんな会社の社長が病気や怪我で

入院してしまったらどうでしょう?


業績は一気に下がり、

もしかすると会社がダメになってしまうことも

充分に考えられるのです。


だからこそ、会社の社長は働かないように、

仕組みを作る事を優先し、

それを嫌でも実行していかないと

ダメだなと最近は考えるようになった訳です。


そういう風な仕組みを作る事が社長の仕事で、

もっと会社やスタッフのリスクを考えて

行動していかないとダメだな…

と考えるようになった訳です。


ここまで、水戸大家さんという会社は、

私が前面に出て、不動産投資を教えることで

伸びてきた会社です。


だからこそ、私はここで

なるべく第一線から退き、

スタッフで回るような

そんな会社を作り始めた訳です。


これが今後の会社やスタッフの

リスクを回避していくことに繋がるのだな…

と、そういう考えで今は動いていますね。


ちなみに、そうは言っても、

私はまだまだこれからも

全く無料面談などをやらなくなるのか?というと、

それも違っていて、

無料面談はやるけれども、

極端に数を減らしていく方向で

考えている訳ですね。


その証拠に、今はスタッフ面談を中心に、

私の面談は数を半分にしているので、

もう六本木の面談も最短で18日しか

予約が取れない状況になっていますね。


私の無料面談の空き状況

→ http://mitoooya.jp/nitt.html 


ということで、会社の社長は、

バリバリ働くものだ!と思っていましたが、

それは一理あります。


ですが、会社が大きくなってきたら、

社長はなるべく退いて、

スタッフで回る仕組みを作るべきですね。


そんな当社で営業、事務、管理を

一緒に行ってみたい人は、

下記から求人に申し込んでみてください。

→ http://mitoooya.jp/q.html 


会社が変わる事、会社を変える事、

これは非常にエネルギーがいる事ですが、

早々にやっていかないとダメですね。




■久しぶりに営業募集しています

→ http://goo.gl/2QcFrd


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

今、色々と会社の改革に取り組んでいて、

その1つとして、私の無料面談の数を

1日6人から3人に減らしていきます。


実に半分まで面談人数を減らしますが、

それは他にやる事がたくさんあるからです。


しかし、私の無料面談も、

もう続けて5年くらいになりますし、

各地方に行って行なったりして、

かなり色々なお話を聞けました。


また、お会いした人から、

かなり多くの人が不動産投資家として

デビューして行ったり、

2棟目、3棟目の物件を買ってもらっています。


そして、もうすでに累計人数が8200人を超えて

人とお会いしてきました。


初めて無料面談を開始したのが、

2011年の12月だったのですが、

その頃から始めたので、

12月が来ると丸5年ですね。


そんな感じで続けてきた私の無料面談ですが、

ここにきて方向転換する訳です。


これは社長としての仕事は、

もちろん、面談をして

投資家さんと話をするという事も

大事な仕事な訳ですが、

それ以外にも大事な仕事はたくさんあります。


今まで、面談をして会社を伸ばしてきましたが、

逆に言えば、他の仕事を

放棄していたのかもしれません。


だからこそ、これまでやらなかった仕事を

ここで見直してやっていこうと、

そう思った訳です。


また、面談も少なくなりますが、

これからも継続していきます。


しかも、人数を少なくする事で、

より一層、1つ1つ丁寧に

面談にも取り組めると思う訳です。


また、今まで8200人とお会いしたのは、

私だけでなく、

当社のスタッフも一緒に行ってきました。


こうして育ってきたスタッフが、

これからはスタッフ面談をいつでも

行っていきますので、

相談はいつでも可能な訳ですね。


という事で、今、会社の改革を行っていて、

その1つに私が毎日行なっている

投資家さんや投資家さんになりたい人と

話をしていく無料面談を

今後は半分くらいに減らしていきます。


ただ、いつでも当社の優秀なスタッフが

スタッフ面談をお受けしていますし、

私自身は、もっと社長の仕事に

専念していくので、

当社に相談してみたい!

という人の対応は今までと変わりなく

お受けしていきますね。



■久しぶりに営業募集しています

→ http://goo.gl/2QcFrd


■当社のホームページです。

→ http://mitoooyasan.net/


■管理の相談もお受けしています

→ http://goo.gl/RqOyIW


■20万人が読んだ不動産投資教材です。(無料)

http://mnsm.jp/bmky.html


■不動産のローンでお困りの方はご相談ください。

→  http://mitoooya.jp/nin.html


■Facebookページにいいねを押して頂けると嬉しいです。
 
→ http://on.fb.me/WD2TWA

 
■個人のFacebookはこちらです。

 (友達&フォロー大歓迎です)

→ http://www.facebook.com/mitoooya


■動画で不動産投資を解説しています。

→ http://mnsm.jp/YouTube.html


■テリー伊藤のマル金ライダー8過去の放送

→ http://marukinrider8.net/wp/


■LINE@はこちら

■PC
http://mitoooyasan.net/line/
■スマホ
http://mitoooyasan.net/sp/line/


■水戸大家へのご質問はこちらから

→ http://mitoooya.jp/q.html

水戸大家こと峯島です。


今日は新しい動画を撮りましたので

そのご案内です。


今日の動画は 

「私がタクシーを使う理由」

です。


私は移動に基本的にタクシーを使いますが、

その理由を解説します。







ダイヤモンドZAI(ザイ) 2016年 02 月号 (2016年株全予測&儲け方)
ダイヤモンド社
2015-12-21



Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊
Yen SPA! 2016冬 2016年 1/12 号 [雑誌]: SPA!(スパ!) 増刊 [雑誌]
扶桑社
2015-12-12



BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2015年 12 月号 [雑誌]

BIG tomorrow
( ビッグトゥモロー )
青春出版社
2015年 12 月号

に掲載されました。
週刊エコノミスト・2015年 11/3号


週刊エコノミスト
2015年 11/3号

に掲載されました。
SPA!(スパ!) 2015年 9/8 号 [雑誌]


SPA!( スパ! )
2015年 9/8 号

に掲載されました。
マネー&フリー 僕らが楽して大儲けした57の秘訣


マネー&フリー
僕らが楽して大儲けした
57の秘訣

に掲載されました。
朝日新聞

朝日新聞
に掲載されました。
満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略

満室大家さん
12人の極意を盗め!
不況に強い「不動産経営」
50の戦略

に登場しました。
人生マル得不動産経営のススメ―『夫婦円満』『楽しく資産を増やす』10人のサクセスウーマンが実践する!

人生マル得不動産経営の
ススメ―『 夫婦円満 』
『 楽しく資産を増やす 』
10人のサクセスウーマンが
実践する!

の中で推薦文を書いています。
年収350万円以下で金持ちサラリーマンになる方法

年収350万円以下で
金持ちサラリーマンに
なる方法

に登場しました。
あと5年で会社を辞めて豊かに暮らす仕組みのつくり方―家賃0円で高級マンションに住みながら資産を築く方法とは?

あと5年で会社を辞めて
豊かに暮らす仕組みのつくり方
―家賃0円で高級マンションに
住みながら資産を築く方法とは?

に登場しました。
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2009年 12月号 [雑誌]

BIG tomorrow
(ビッグ・トゥモロウ)
2009年 12月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
ビジネスチャンス別冊 家主と地主 Vol.31

ビジネスチャンス別冊
家主と地主 Vol.31
2010年 08月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
月刊 ビジネスチャンス 2010年 09月号 [雑誌]


月刊 ビジネスチャンス
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
NET M@NEY (ネットマネー) 2010年 09月号 [雑誌]


NET M@NEY ( ネットマネー )
2010年 09月号 [ 雑誌 ]

に掲載されました。
今までの記事
水戸大家に連絡する
* メールアドレス
* 名 前

* お問い合わせ
内容


* すべてご記入の上、送信ください。

↑このページのトップヘ